時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

セイコーわくわく時計教室 セイコーわくわく時計教室

時を学ぶ 知る 作る

セイコーは、社員が小学校に出張し、特別授業「セイコーわくわく時計教室」を実施しています。
「時」は、世界の人と社会をつなぐ、見えない共通言語です。
今、あたりまえに存在する「正確な時間」を知る方法を作りあげた人類の知恵を「学び」
時と時計の面白さを、技術や役割、職人の技を実際に体験しながら「知り」
そして、豊かな未来の時を実現する方法を自ら考え、周囲と協力して「作る」
ことの大切さを、楽しんで感じ取ってもらうことを願い、
セイコーはこの活動を続けています。

授業のねらい

ふりこ

理科で習う「ふりこの法則」が
社会で応用されていることを学ぶ。

時計

時計の役割を考える。

ものづくり

ものづくりの楽しさを
体験する。


授業概要

授業は、時計の進化の歴史を伝える講義と、正確な時間を計る実験、自分たちで考案するオリジナル時計づくり、時計職人のすごさを実感するワークなどで構成されています。

生徒たちは、3人から5人の班に分かれて授業を聴き、ワークに取り組みます。
授業全体の講師と、各班に一人ずつ付くティーチングアシスタントは、セイコーの社員が担当します。

STUDY

わくわく時計教室授業の流れ

授業の流れ 写真1

時計の役割、歴史について学びます。

授業の流れ 写真2

実際に10秒を作ってみよう。

授業の流れ 写真3

時計の仕組みを学びます。

授業の流れ 写真4

オリジナル時計作り。

授業の流れ 写真5

時計職人の技にチャレンジ。


関連単元

5年生-理科 「ふりこの運動」

6年生-国語 「時計の時間と心の時間」

5年生-社会 「産業の発展」

3年生-算数 「時こくと時間」

4年生-国語 「広告と説明書を読みくらべよう」

総合的な学習の時間、特別活動の一環

授業形態

・対象学年 小学校5~6年生
・授業時間 90分(45分×2コマ)

SEIKO TEACHERS

セイコーの講師・アシスタント

授業全体の講師と、各班に一人ずつ付くティーチングアシスタントは、セイコーの社員が担当します。
今回のメイン講師はワカマル先生。

ワカマル先生 写真

今回のセイコー講師ワカマル先生

今日の後に今日なし!
すーさん先生 写真

すーさん先生

お金よりも尊い時間を
大切にしよう!
カミヤマ先生 写真

カミヤマ先生

「なぜ?」を突き詰めよう!
まっちょ先生 写真

まっちょ先生

「なぜ?」を大切に
おたか先生 写真

おたか先生

たくさんの“知らない”を知ろう!!
フルヤ先生 写真

フルヤ先生

夢中になったことを
思い切り掘り下げよう!
しゅうまい先生 写真

しゅうまい先生

セイコー博士

セイコー博士 イラスト

デジタくん

デジタくん イラスト

はぐるまちゃん

はぐるまちゃん イラスト

授業の詳細

学校でならう「ふりこの運動」や「産業の発展」を自分の身近なものを通して違った角度で体験することで、
自分ごと化し、苦手意識を持たずに学ぶことができます。
チームで作り出すワークショップもあり、あっという間の90分。日本が誇る「時計職人の技」もここで体験できます。実際の授業の様子を覗いてみましょう。

時計の役割と歴史

まず、生徒たちに、どんな時に時計を見るかを考えてもらいます。生徒たちは、「学校に行くとき」「塾にいるとき」「テストがあと何分で終わるのか知るとき」など様々なシーンを思い浮かべます。これによって、社会生活に時計が果たす役割を実感してもらいます。

わくわく時計教室 授業中の様子

そんな便利な時計も、もともと地球になかったもの。人類は、時間を知るためにどんな探求をしてきたのでしょう。7000年前に人類が初めて作った時計「日時計」に始まる、自然の力を利用した古代の時間計測の進化の歴史を学びます。

7000年前 「時計の期限-日時計」
34000年前 「水時計の誕生」
700年前 「場所を選ばない砂時計」
セイコー博士「日時計は太陽がないと時間を知ることが出来ない…など、それぞれの弱点を克服しながら進化してきたんじゃ」

「10秒」を身の回りの物で作り出してみよう

もし、今当たり前に存在する時計がなくなったら、私たちはどのようにして時間を計り、時刻を知ることができるでしょうか。たわし、砂、水、ひも、メジャー、ハンドスピナー、入浴剤など、身の回りの物を使って、正確な10秒を作り出す実験をします。

わくわく時計教室 授業中の様子
わくわく時計教室 授業中の様子

プラスチックの容器に砂や水を入れて量を調節しながら10秒を計る生徒や、ひもにたわしをぶら下げて揺らしてみる生徒など、様々な工夫が見られます。
実験の結果を元に、正確な時間を作り出す法則【周期×回数】を学びます。

時計の仕組みと進化

より正確な時計を作り出すために、人類は探求を続けます。5年生で習った「ふりこの法則」が、正確な時計を生み出し、携帯できる時計、さらに正確な時計へと進化した歴史を学びます。

ふりこの法則

正確な「周期」を作り出すのに適した法則

セイコー博士「ふりこは、同じ長さであれば、大きく揺れても小さく揺れても1往復にかかる時間は変わらない、という法則をもっておる。」

ふりこ式時計

ふりこ式時計 写真
セイコー博士「ふりこ式時計は、自然の力を利用した時計に比べると、大変正確な時計の仕組みになっておる!じゃが、ふりこ時計は斜めにすると止まってしまうのじゃ。」

持ち運びができる腕時計

ふりこの代わりに「てんぷ」が時を刻む
セイコー博士「てんぷが発明されたことによって、斜めにしても大丈夫!小さくて持ち運びができるようになったんじゃよ。」

時計の持ち運びを可能にした「てんぷ」という部品が、実際の腕時計の中で動く様子を観察します。

時計の持ち運びを可能にした「てんぷ」という部品が、実際の腕時計の中で動く様子を観察します。

また、時計のムーブメントの標本を観察し、時計の中にたくさんの部品が含まれていることを学びます。生徒たちは、普段正確な時刻を示す腕時計の針の裏に、人類が試行錯誤し発明した仕組みがたくさん詰まっていることを体感します。

わくわく時計教室 授業中の様子

また、時計のムーブメントの標本を観察し、時計の中にたくさんの部品が含まれていることを学びます。生徒たちは、普段正確な時刻を示す腕時計の針の裏に、人類が試行錯誤し発明した仕組みがたくさん詰まっていることを体感します。

さらに正確な腕時計

てんぷの代わりに「クオーツ」が時を刻む
セイコー博士「クオーツ腕時計は、それまでの腕時計に比べて、100倍以上も正確になったのじゃ!セイコーが世界で初めて発売したんじゃよ。」

オリジナル時計作り

最初に考えた「どんな時に時計を見る?」を意識しながら、自分たちが「あったらいいな」と思うオリジナル時計のアイデアを出します。
オリジナル時計の針が一周する時間は、5分、10分、15分、30分の4種類から選び、針の動きに合わせて文字板のデザインを完成させていきます。
「サッカーの試合時間を計る時計」「30分の昼寝時間を計る時計」「テストの残り時間がわかる時計」「ナイトルーティンを計る時計」「TVの時間」……
など、楽しいアイデアが飛び交います。
デザイン、広告、設計・組み立ての3つの役割を進めながら、チームでひとつのオリジナル時計をつくります。

デザイン

デザイン中 写真

広告

広告文作成中 写真

設計・組み立て

設計・組み立て中 写真

発表会

完成した時計を、グループごとにプレゼンテーションします。

発表会の様子 写真
発表会の様子 写真
発表会の様子 写真
発表会の様子 写真

この日作ってくれた「給食社員時計」のキャッチコピーは、「早食い給食選手権。早く食べればあなたも社長!?」。皆の笑いを誘います。他にも、「ひまつぶし時計」「急げ!朝の用意時計」「30分モーニング時計」「カレー時計」などと、それぞれユーモア満点です。

時計職人体験

最後のワークでは、職人の技術に挑戦します。「実際の時計に使われている小さなネジをつまんで、穴に入れてみよう。30秒で一人何個入れられるかな。」

わくわく時計教室 授業中の様子
わくわく時計教室 授業中の様子

実際の腕時計に使われている部品は、髪の毛よりも細いものもあります。
真剣な表情で取り組む生徒たち。
うっかりネジが飛んでいってしまったり、思うようにいかないことを知ります。最高記録は6個、平均すると3個がやっとという結果に、細かい部品を組み立ててつくる時計職人の技術力に、尊敬の表情を浮かべていました。
最新技術の発展とともに、日本が誇る時計職人の技も、大切に守られていることを体験しながら学びます。

MESSAGE

セイコーの講師からメッセージ

ワカマル先生 写真

この日の「ワカマル先生」が、小学校卒業を目前に控えた生徒たちに伝えたメッセージは、「大きな夢を持とう」
大きな夢を持つことで、人はそれを達成するために、色々なアイディアを生み出すことができます。今日学んだ時計の進化も、誰かの夢が技術を生み出しています。
例えば、大航海時代、広い海の上で自分の位置を知る術がなく、沈没事故が多かった時代に、安全な航海で世界を渡り歩くという夢を叶えるために作られたのが、航海用の正確な時計・マリンクロノメーターでした。
夢の実現に向けた自分のアイディアが出てきたら、次は実践です。
ここで、人との関係が生まれます。夢を一人で実現するのは難しい。色々な人と関わり合い、様々な壁を乗り越えた先に、夢の実現があります。そしてここで出来た人との関係は、その後も自分の人生の支えになってくれます。
大きな夢を持って、羽ばたいてください。

生徒の声

生徒4名 写真

「10秒を計るのは意外と難しくて、時計が大きな役割を果たしていることがわかりました。」

「日時計とか、水時計とか、だんだん進歩していって、今の時計の形になっていることを知った。時代の積み重ねはすごいと思った。」

「時計にネジを入れる作業が細かくて、職人はすごいと思いました。」

「時計の歴史が面白かったです。また、時計がどれほどすごい物か分かりました。」

「オリジナル時計づくりの発表で、1班ずつコメントをしてくれて、嬉しかったです。」

「自分も夢を見つけます。」

先生の声

先生 写真

生徒たちが算数と理科で学んできたことを自然と生かしていたので、ありがたかったです。控えめで発表するのが苦手なクラスなのですが、秘めたアイデアはたくさんあって、今日はとても楽しそうでしたね。

教室に帰ってきたあとも、ずっと「あの時計はよかった」などと盛り上がっていました。給食を食べたあとに「俺、今日社長になれなかった」と、オリジナル時計でつくった「給食社員時計」(早く食べれば社長になれるというコンセプト)を実践したようなことを言って盛り上がっていました。私には思いつかない子どもならではの発想力ですよね。

目的をもって時間を見たり、何のために必要な時計なのか考えないといけないんだと、時間に対する意識が変わった気がしました。また、セイコーにはいろいろな部署の人がいて、それぞれの役割があるのだということも発見だったようです。キャリア教育にもなって、すごくよかったです。

みんなが作った時計

自由な発想・アイディアから
生徒が作ってくれた時計たちです。

MOVIE

動画で学ぶ

学校の授業とあわせて使っていただける動画教材をご用意しています。セイコー博士の解説で、はぐるまちゃん、デジタくんと一緒に冒険に出ながら、楽しく学べるプログラムです。
※無断転載・転用はご遠慮ください。

Ⅰ.人類と時計のはじまり
タイムスリップ 編

関連単元
3年生理科「太陽とかげの動き」

coming_soon

Ⅱ.時間の正体
時計が刻む正確な時間 編

関連単元
5年生理科「ふりこの動き」
5年生社会「産業の発展」

coming_soon

Ⅲ.時間の正体
心理的時間と物理的時間 編

関連単元
6年生国語「時計の時間と心の時間」

活動実績

参加生徒数

996

参加学校

16

参加セイコースタッフ

39

総授業時間

55時間

※2019年度までの実施累計数です。

SEIKOHEART BEATMagazine

セイコーとともに時代とハートを動かす人・もの・ことをお届けするマガジンです。

セイコー「わくわく時計教室」を東金町小学校で開催
Corporate

セイコー「わくわく時計教室」を東金町小学校で開催

2019.03.27 / #わくわく時計教室

山縣亮太選手・福島千里選手 セイコーわくわく陸上教室を開催
Sports

山縣亮太選手・福島千里選手 セイコーわくわく陸上教室を開催

2019.02.13 / #福島千里

日常が失われた被災地に日常を届ける ~“わ”で奏でる東日本応援コンサートに向けて~
Music

日常が失われた被災地に日常を届ける ~“わ”で奏でる東日本応援コンサートに向けて~

2019.02.27 / #“わ”で奏でる東日本応援コンサート #前田憲男

記事一覧