時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

沿革

明治14

1881

服部金太郎

服部金太郎が服部時計店(時計小売・修理の店)を創業。
 外国商館から信用を得て大いに発展する。

明治25

1892

1890
年代
八日巻掛時計

小売業の成功を背景に、精工舎設立 掛時計の製造開始

明治27

1894

時計塔

銀座4丁目角に店を移転し、時計塔つきの店舗を構える

明治28

1895

タイムキーパー

当社初の懐中時計「タイムキーパー」の製造開始。
懐中時計事業は赤字が続くも継続し、
やがて市場を独占する。

1900
年代

明治38

1905

上海と香港に販売代理店開設

大正2

1913

1910
年代
ローレル

懐中時計からの変化を先取りし、
国産初の腕時計「ローレル」発売

大正12

1923

1920
年代
関東大震災で溶けた時計

9月の関東大震災で工場、店舗全て消失するも11月に営業再開。 震災で焼失した修理預かりの時計の代償に無償で新品を進呈したことで確固たる信用を得る。

大正13

1924

初のSEIKOロゴ時計

セイコーブランドの腕時計を初めて発売

昭和7

1932

1930
年代
時計塔

現在の銀座四丁目時計塔(和光本館)竣工

昭和12

1937

第二精工舎

(株)第二精工舎(現セイコーインスツル(株))設立

1940
年代

昭和22

1947

小売部門が独立し和光(株)となる

昭和24

1949

東京証券取引所上場

1950
年代

昭和34

1959

諏訪工場が独立し、(株)諏訪精工舎となる。
(現セイコーエプソン)

昭和35

1960

1960
年代
初代グランドセイコー

世界最高水準精度の「グランドセイコー」発売

昭和37

1962

アメリカに SEIKO TIME CORPORATION 設立、
以後世界各地に現地法人を相次いで設立。

昭和39

1964

マラソンタイマー

東京オリンピック公式計時
以降5大会で計時担当
(札幌、バルセロナ、リレハンメル、長野、
ソルトレーク)

昭和43

1968

ジュネーブ天文台測定表

ジュネーブ天文台コンクールで機械式時計の上位独占

昭和43

1968

世界初家庭用クオーツ掛時計

世界初の家庭用クオーツ掛時計発売

昭和44

1969

クオーツアストロン

世界初のクオーツウオッチ「クオーツアストロン」発売

昭和46

1971

1970
年代
中山きよ子

中山きよ子*、女性初の現代の名工に認定
以来計26名の現代の名工を輩出
*(株)諏訪精工舎(現セイコーエプソン(株))所属

昭和48

1973

6桁表示デジタルウオッチ

世界初 6桁表示デジタルウオッチ発売

昭和52

1977

竹岡一男*、技能五輪世界大会優勝
以来計7名の優勝者を輩出
*(株)諏訪精工舎(現セイコーエプソン(株))所属

昭和53

1978

中澤正英*、技能五輪全国大会優勝
以来計7名の優勝者を輩出
*(株)諏訪精工舎(現セイコーエプソン(株))所属

昭和59

1984

1980
年代
マリオンクロック

日本初の大型からくり時計「マリオンクロック」設置 全国的なからくり時計ブームの火付け役となる。

昭和60

1985

発注端末

世界初の外食産業用オーダリングシステム開発

昭和62

1987

IAAFとパートナーシップ締結

IAAF世界陸上ローマの公式計時 以降継続して計時担当

1990
年代

平成5

1993

セイコータイムシステム(株)設立

平成11

1999

スプリングドライブウオッチ

世界初のスプリングドライブウオッチ発売

平成16

2004

2000
年代
雫石高級時計工房

機械式腕時計を一貫生産する「雫石高級時計工房」開設

平成17

2005

無水銀酸化銀電池を開発

平成17

2005

黄綬褒章受章

桜田守、ウオッチ組み立てで黄綬褒章受章
以来計6名の黄綬褒章受章者を輩出

平成17

2005

セイコーNPC(株)設立

平成19

2007

第1回東京マラソンで公式計時担当
以降継続して計時担当

平成21

2009

セイコーインスツル(株)

セイコーインスツル(株)を経営統合

平成24

2012

2010
年代
セイコー アストロン

世界初GPSソーラーウオッチ
「セイコー アストロン」発売

平成25

2013

セイコーソリューションズ(株)設立

平成26

2014

ジュネーブ賞 グランドセイコーハイビートGMT

ジュネーブ時計グランプリ 小さい針部門賞
グランドセイコーハイビートGMT

平成29

2017

世界陸上ロンドン2017

世界陸上ロンドン2017の公式計時を担当

関連情報

セイコーミュージアム

セイコーミュージアム

セイコーミュージアム

会社紹介ムービー

会社紹介ムービー

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー