時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

沿革 - 詳細

  • 1880年代~
  • 1930年代~
  • 1970年代~
  • 1990年代~
  • 2010年代~

明治14

1881

服部金太郎

服部金太郎が服部時計店(時計小売・修理の店)を創業。
外国商館から信用を得て大いに発展する。

1890
年代

明治23

1890

アメリカから時計の直接輸入を開始

明治25

1892

八日巻掛時計

小売業の成功を背景に、精工舎設立 掛時計の製造開始

明治27

1894

時計塔

銀座4丁目角に店を移転し、時計塔つきの店舗を構える

明治28

1895

タイムキーパー

当社初の懐中時計「タイムキーパー」の製造開始。
懐中時計事業は赤字が続くも継続し、
やがて市場を独占する。

明治32

1899

目覚時計の製造開始

1900
年代

明治38

1905

上海と香港に販売代理店開設

明治42

1909

ビニオン自動旋盤機を自社開発し懐中時計の生産性を
飛躍的に高める。
翌年懐中時計事業黒字化

大正2

1913

1910
年代
ローレル

懐中時計からの変化を先取りし、
国産初の腕時計「ローレル」発売

大正4

1915

英仏から目覚時計90万個の大量注文を得る

大正6

1917

服部時計店株式会社化

大正12

1923

1920
年代
関東大震災で溶けた時計

9月の関東大震災で工場、店舗全て消失するも11月に営業再開。 震災で焼失した修理預かりの時計の代償に無償で新品を進呈したことで確固たる信用を得る。

大正13

1924

初のSEIKOロゴ時計

セイコーブランドの腕時計を初めて発売

昭和4

1929

懐中時計「セイコーシャ」国産初の鉄道時計に指定

関連情報

セイコーミュージアム

セイコーミュージアム

セイコーミュージアム

会社紹介ムービー

会社紹介ムービー