時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

技術開発

「匠・小・省」の技術で、新たな価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献する

セイコーホールディングスグループは、1881年の創業以来、世界初のクオーツ腕時計をはじめ、さまざまな精密機器や電子デバイスなど、先進的・革新的な製品を世に送り出してまいりました。腕時計の小型化、高精度化、長持続化を追求する中で培われてきたのは、伝統の技と先端の知で新たな価値を生み出す「匠」の技術、精密加工・組立で小型化を追求する「小」の技術、省エネ、省資源、省人化を追求する「省」の技術です。私たちは、これら「匠・ 小・省」の技術をもとに、新たな価値を創造し、豊かな社会づくりに貢献していきます。

研究開発

これまで培ってきた独自の保有技術をもとに、腕時計領域では、さらなる精度、品質、審美性の向上を目指し、新たな素材開発や加工プロセス技術の確立に向けた研究開発を行っています。
また、電子デバイス、システムソリューション領域においては、サイバー空間とフィジカル空間を融合させたシステムにより経済発展と社会的課題解決の両立を目指す「Society5.0」の実現に向け、IoTデバイス、ロボティクス、ヘルスケアなどの要素技術開発を進めています。

研究開発

生産技術

時計の設備は、歴史ある設備をオーバーホールによって、より長く大切に使用すると同時に最新の設備開発による生産性向上を進めています。
生産技術は、ものづくりの現場に対して、改善活動以外にも、こうした活動を通じて現場力を常に向上させています。同時にシミュレーション、3Dプリンターなど、
最新のテクノロジーを融合させることにより、新たな生産技術革新に取り組んでいます。
また、長年、磨き上げてきた技術・技能の伝承にも注力し、基盤となるものづくり力の強化を進めています。

生産技術 生産技術

具体的技術として、①CAE、②加工、③実装、④組立、⑤検査において、
差別化につながる生産技術の確立を進めています。

生産技術

分析技術

製品の性能を引き出し、長期的に品質を維持するためには、材料の物理・化学的な特性を把握しなければなりません。セイコーアイ・テクノリサーチ(株)は、30年以上にわたり、これらの特性を評価するのに不可欠な科学分析技術を専門に手掛けています。集束イオンビーム装置を使った微細加工、走査型プローブ顕微鏡による形態観察、示差走査熱量計を使った熱分析などナノレベルの微細加工技術と分析・解析技術を通して、研究開発から製造での技術課題に対して最適な分析技術とソリューションをご提供し、今後も製品の性能向上や品質の向上に貢献していきます。

分析技術
集束イオンビーム装置による加工例
分析技術
走査型プローブ顕微鏡の温度可変モードによる分析

知的財産

グループの成長とブランド価値向上に貢献する知的財産の構築をミッションとして、グループ会社と連携を図りながら、知的財産権の獲得・強化のための活動を推進しています。発明のアイデア会議から知的財産部が参画し質の高い明細書の作成のサポート行い、特許査定率の向上を目指しています。査定率は10年間で約1.5倍に増加し、国内の平均の査定率を上回っています。各事業の新製品や新規ビジネスを守る特許網構築を目指して、権利獲得を強化しています。

関連情報

事業・製品

ウオッチ・電子デバイス・システムソリューションなど、セイコーホールディングスグループの各事業の概要と取り扱い製品をご紹介します。

株主・投資家情報

財務関連資料、株式情報など、株主・投資家の皆さまへの情報を掲載しています。