時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

セイコーとさまざまなスポーツ

  • 陸上
  • 水泳
  • マラソン
  • その他

陸上

陸上

セイコーと陸上との深い結びつきは、1964年の東京オリンピックから始まったといっても過言ではありません。組織委員会が掲げた「科学のオリンピック」というテーマに沿って、それまでは試験的に導入されていた電子計時を総合的に導入するため、セイコーは東京オリンピックに合わせて陸上用も含めて1278個もの計時機材をゼロから開発。その結果、「着順・計時に関してのクレームが発生しなかった初めてのオリンピック」と言われる精度の高い計測を行いました。

IAAFとのパートナーシップ契約

IAAFとのパートナーシップ契約

セイコーは国際陸上競技連盟(IAAF)と1985年からパートナーシップ契約を結び、現在に至るまで、およそ180のIAAF主催大会を計時しました。世界最高峰の陸上競技大会であるIAAF世界陸上は、1987年の第2回ローマ大会以降15大会連続で公式計時を担当しています。IAAFとの緊密な連携のもと、数々の国際競技大会で感動の瞬間を刻み、30年以上の長きに亘って、IAAFや選手、観客の信頼に応えてきました。

世界のトップアスリートが集う冠大会 セイコーゴールデングランプリ

世界のトップアスリートが集う冠大会セイコーゴールデングランプリ

セイコーの名が大会名に入るこの陸上大会は、IAAFが主催するワールドチャレンジミーティングスの1つとして開催され、世界有数の選手が参加します。また、世界陸上選手権・夏季オリンピックなどの国際大会の日本代表選手選考大会にも指定されています。セイコーはこの前身であるスーパー陸上の頃から冠スポンサーとして、またオフィシャルタイマーとして大会をサポートしています。

セイコーが記録した偉大な記録

セイコーが記録した偉大な記録

1991年、「IAAF世界陸上1991東京」の100m決勝で「9.86秒」の世界新記録が樹立された時、セイコーはその偉大な記録の計時に携わっていました。
そして18年後の2009年、「IAAF世界陸上2009ベルリン」100m決勝で、再び驚異的なタイムの世界新記録が打ち立てられました。そのタイム「9.58秒」。
今後もセイコーは時代を超える偉大な記録を正確に計測し続けます。

セイコーとIAAF

セイコーとIAAF(国際陸上競技連盟)は様々な大会で共に活動し、素晴らしい関係を築いています。
そんなセイコーとIAAFを表す「KEY NUMBER」と一緒にこれまでの歴史をひも解いてみましょう。

KEY NUMBER 説明
32年 セイコーは1985年から、IAAF主催大会のオフィシャルタイマーをつとめてきました。32年間パートナーシップが続いています。
178大会 年間4-8回のIAAF主催大会でオフィシャルタイマーをつとめており、IAAF世界陸上2017ロンドンは178大会目でした。
3,300人 延べ3300人のスタッフが競技の計時計測に携わりました。タイミングチームは日本とイギリスの2箇所に拠点があり、使用機材や大会の規模と場所によりチーム編成を行います。IAAF世界陸上2017ロンドンでは、日本人が14名、イギリス人スタッフが57名の計71名でした。
地球2周 タイミング機材は日本とイギリス、それぞれに保有しています。16回のIAAF世界陸上だけでも移動距離は地球2周分になります。
25 セイコーがIAAF世界陸上で計測した世界記録は32年間で25になります。

セイコーがサポートする陸上選手

水泳

セイコーと水泳

セイコーと水泳

セイコーは日本水泳連盟唯一のオフィシャルタイマーとして、ジャパンオープンや日本選手権など、国内で開催される権威と伝統のある大会を、改良を重ねた最新技術でサポートしています。また、インターネット上で速報配信を行っており、水中で繰り広げられる熱戦の結果をリアルタイムで配信することで、競技会場の外にも感動や興奮をお伝えしています。

セイコーがサポートする水泳選手

マラソン

セイコーとマラソン

セイコーとマラソン

セイコーはオフィシャルタイマーとして大会を支えるとともに、「ただの数字じゃない。」というスローガンでランナーも精神的に支えています。ランナーが刻んだタイムは、それがどんな記録であっても、ランナーの熱い思いが詰まっています。その思いをスローガン載せて、ランナーの気持ちをもり立てていきます。

マラソン応援サイト

サッカー

セイコーとサッカー

セイコーとサッカー

セイコーは、アジアサッカー連盟(AFC)と2017年から4年間のスポンサーシップ契約を締結し、「AFCチャンピオンズリーグ」「AFCカップ」に協賛しています。アジア地域のクラブチームナンバー1を決定する「AFCチャンピオンズリーグ」は「FIFAクラブワールドカップ」出場権を目指してアジア地域の各地で熱戦が繰り広げられる、アジアのクラブチームにとって最も権威のある大会です。
セイコーは、アジア地域において最も人気のあるスポーツのひとつであるサッカーの熱気と興奮を広めるために両大会をサポートしています。

柔道

セイコーと柔道

セイコーと柔道

セイコーは1964年の東京オリンピック以来、日本発祥の伝統武道「柔道」を応援してきました。現在は全日本柔道連盟のオフィシャルサプライヤーとして、日本国内で開催される主要大会の計時、スコアー表示サービスを行っています。「技」で勝敗が決まる柔道ですが、セイコーは試合時間や抑え込み時間の計測など、試合を左右する重要な役割を担っています。

スケート

セイコーとスケート

セイコーとスケート

セイコーは日本スケート連盟唯一のスピードスケート公式計時パートナーとして、ワールドカップ等の国際大会を含む日本国内で開催される主なスピードスケート大会のオフィシャルタイマーを務めています。スピードスケートはその名のとおり、一周400mのリンクを時速およそ60㎞で駆け抜けるスピード競技です。氷上という、通常とは異なる厳しい環境下でも、アスリートの1000分の1秒までのタイムを的確に計測し、大会運営をサポートしています。

フェンシング

セイコーとフェンシング

セイコーとフェンシング

セイコーは、フェンシング女子フルーレで活躍する宮脇花綸選手を応援しています。
世界を舞台に競技活動を続ける宮脇選手をバックアップしていくことで、フェンシング競技の振興と発展への貢献をめざしています。

体操

セイコーと体操

セイコーと体操

セイコーは、日本体操協会のオフィシャルパートナーとして、全日本体操競技選手権など主要大会の計時、リザルト表示を行っています。
体操は、男子は ゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒、女子は跳馬 、段違い平行棒 、平均台、 ゆか があり、多数の種目が同じ会場で並行して進行します。
複雑なスケジュールの中、セイコーはジャッジの採点を瞬時に集計し、また、男女ゆか、女子平均台の規定時間を正確に計測し、明確な表示で大会運営を支えています。

セイコーがサポートするスポーツ選手

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー