メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

生物多様性保全

セイコーウオッチ(株)ならびにセイコーインスツル(株)では、製造工場を中心に各々の地域特性にあった生物多様性保全活動を進めています。

手作りインセクトホテルで、生態系の維持をサポート

盛岡セイコー(株)では、工場敷地内の生物多様性保全に力を入れています。その一つとして多様な虫を呼び集めるインセクトホテル(虫のホテル)を社員家族で作りました。

インセクトホテル
草木などの自然素材を利用して作ったインセクトホテル

中国・大連市の精密部品工場で緑化を推進

大連精工電子有限公司(中国)では、敷地内に生物多様性エリアを設け、アカシア、イチョウなどの高木と、ライラック、レンギョウなどの低木を植栽。殺虫剤や除草剤の使用は控え、枯れ枝や落ち葉などは堆肥化することで循環しています。

大連の市花「アカシア」
広大な敷地内に植えられた大連の市花「アカシア」

千葉県の絶滅危惧種「ヒメコマツ」を植栽

セイコーインスツル(株)では、千葉県が展開する「ヒメコマツ系統保存サポーター」に登録し、千葉県内にある3事業所(幕張事業所、高塚事業所、大野事業所)で、絶滅危惧種である「ヒメコマツ」(ゴヨウマツ)の植栽を行い、遺伝系統の保存に協力しています。
ヒメコマツの関東地方における分布域は標高500m以上がほとんどですが、千葉県では120~350mと低い標高に分布しており、植物地理学的観点から非常に貴重な存在であるといわれています。しかし、1970年以降その生育数は急激に減少し、絶滅の恐れが極めて高い状態にあります。
各事業所では、苗木の生長を見守りながら定期的に生長状況などを報告しています。

幕張事業所で育てているヒメコマツの苗木
幕張事業所で育てているヒメコマツの苗木