時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

イメージソング「時代とハートを動かすセイコー」

時代とハートを動かすセイコー 時代とハートを動かすセイコー

セイコーホールディングスグループスローガン

時代とハートを動かすSEIKO

2014年5月、グループスローガンが制定されました。このスローガンには、常に時代を牽引し、
お客様の心に響く存在でありたいという思いと、物質的な価値だけではなく、
「遊び心」「ワクワク感」「ドキドキ感」といった精神的な価値も発信していくという
グループの熱い意志が込められています。

イメージソング紹介

グループスローガンを、社員の一体感の醸成や社外に向けたPR活動に積極的に活用していくにあたり、そのコミュニケーション活動の一環として、「時代とハートを動かすSEIKO」のイメージに合った楽曲を制作することになりました。
「“わ”で奏でる東日本応援コンサート」を中心に、セイコーが提供するテレビ番組「Sound Inn “S”」「TIME is LIFE」や提供ラジオ番組で流れるラジオCM「心に刻もう。感動を。」のBGMにも、このメロディーを使用しています。
今後もさまざまな手法でグループスローガンとイメージソングを発信し、この楽曲に触れることで、ワクワク、ドキドキする楽しい気持ちが喚起できたらと考えています。引き続きグループスローガンのもと、音楽をブランディング活動の基軸のひとつとし、ブランドイメージの向上を図ってまいります。

Seiko Image song「時代とハートを動かすセイコー」

ブランド・ミュージックビデオ "Art of time"スペシャルページへ

グループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」をテーマにしたブランド・ミュージックビデオ"Art of time"で、イメージソングをBGMに使用しています。

イメージソングができるまで

歌詞公募から完成まで

10年20年先へ歌い継がれ、グループ社員の将来への希望と情熱を喚起させる、セイコーホールディングスグループのテーマソングを、社員一人ひとりが考えました。
グループの思いを体現した歌詞を社員から公募し、グループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」をイメージしたフレーズを出し合い、プロの作詞家が歌詞やフレーズをアレンジし、社員の思いとして一つの作品にまとめ上げました。
その歌詞に、代表取締役会長 兼 グループCEOの服部真二が自ら作曲したメロディーを乗せ、プロの作編曲家にアレンジいただき、楽曲を完成させました。

歌詞公募から完成まで
歌詞公募から完成まで

社員の感想

  • サビの部分など皆が歌える合唱ソングのイメージで覚えやすい。また、親しみのある曲調で、柔らかい心地良さが残る。
  • 朝日を連想する爽やかな曲調と感じる。軽快かつ穏やかな親しみやすさもあり、幅広い年代に好まれると感じる。
  • 将来に向かって能動的な新メッセージ「時代とハートを動かすSEIKO」が表現され、その実現のための「進む勇気」「歩み寄り添う絆」など、グループメンバーへの鼓舞も込められている。
  • 親しみのある皆で歌いやすいメロディー。

さまざまなアーティストが歌うイメージソング

商品のキャンペーンソングとして大ヒットした「う、ふ、ふ、ふ」が代表曲であるEPOさん、1970年代の日本を虜にしたコーラスグループ「サーカス」のみなさん、抜群の歌唱力で「日本レコード大賞最優秀新人賞」にも輝いた渡辺真知子さんほか、さまざまなアーティストの方が、思わず口ずさみたくなるようなイメージソングを歌い上げてくださいました。英語版は、以前セイコーのコマーシャルソングを歌って頂いたこともあるマリーンさんにお願いしました。今後どんなアーティストが歌ってくださるのか、乞うご期待です。

社員で構成される
「Always四丁目合唱団」も歌いました。

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
Always四丁目合唱団Version

アーティスト一覧

  • サラ・オレイン
  • マリーン
  • サーカス
  • 渡辺真知子
  • EPO
サラ・オレイン

サラ・オレイン

アーティストプロフィール

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
サラ・オレインVersion

セイコーイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」歌詞

アレンジについて

編曲するにあたり、最も注意した点は、明るさと爽やかさの2点です。
どこか懐かしい匂いのするこの曲はLight Swingのリズムが1番ふさわしいと思いました。
サラの歌唱と言う条件もあって、明るさの中にしっとり感を加えたかったので、懐かしのGeorge Shearingスタイルのリズムで整えてみました。いい感じにあがったと思います。

メッセージ

サラ・オレイン

With words written by the employees, the heartfelt Seiko theme song radiates positivity and solidarity. I went into the studio with a bright yellow outfit to match the uplifting lyrics.
I chose to sing in my native tongue English and after hearing that this would be played every morning in the office, I decided to start off with the chorus -   ‘With the start of a brand new day, moving ahead and touching hearts. We will shape the future’. What better way to start off the day with the company slogan! 
Katsuhisa Hattori gave the arrangement a jazzy feel with a nod to ‘Shearing’. We had such a blast!

社員の皆様の思いが一つになって誕生したこの曲。溢れる情熱と前進するポジティブなメッセージを大切に、英語で歌わせて頂きました。
爽快な世界観に合わせてレコーディングには鮮やかな黄色を身につけました。毎朝SEIKOの皆様がお聞きすると知り、出だしにサビを持って来ました。オープニングから「With the start of a brand new day」~新たな1日の始まりに、時代とハートを動かそう皆んなで。一体感をドラマチックに表現してみました。Jazzyで’Shearing’風のアレンジを手かげた服部克久先生と楽しいセッションとなりました。

レコーディング風景

多彩な歌姫サラ・オレインさんの歌声と、音楽家・服部克久さんによる編曲で、音楽をつくりあげる2人の姿がとても微笑ましい収録風景に。
英語の歌詞と楽器のハーモニーが重なり、優しさと遊び心が詰まった楽曲に仕上がりました。

サラ・オレイン
サラ・オレイン
マリーン

マリーン

アーティストプロフィール

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
マリーンVersion

Seiko's image song Moving ahead. Touching hearts.

アレンジについて

クリヤ・マコトさんがアレンジしたジャズならではの絶妙なリズムにマリーンさんのパワフルな歌声が重なり、オリジナルとは違うエッセンスが加わったイメージソングとなっています。

メッセージ

マリーン

アイドル時代、私の『スリム センセーション』をセイコーウォッチのCMソングに起用頂いて依頼、時が流れて、運命のようなご縁のような、今回はイメージソングの英語ヴァージョンを歌わせて頂くことになりました!とっても素敵な曲です!クリヤ・マコトさんがアレンジをしてくれて、ダンスホールを感じさせてくれる曲になりました!感じたまま気持ち良く歌わせて頂いています!明日に向かって、『LET'S SING and SWING!!』

レコーディング風景

ジャズが引き出すモダンな雰囲気の中で、ジャズ・ピアニストのクリヤ・マコトさん監修のもとレコーディングは行われました。
マリーンさんの情熱あふれる歌声が響き渡る中、素晴らしい楽曲が完成しました。

マリーン
マリーン
サーカス

サーカス

アーティストプロフィール

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
サーカスVersion

セイコーイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」歌詞

アレンジについて

男女混声の美しいコーラスハーモニーが際立つ、やさしく柔らかなアレンジを加えました。前田憲男さんのアレンジセンスとサーカスのコーラスワークがあってこそ実現するこのコラボレーションでは、どこか懐かしい爽やかな一曲となっています。

メッセージ

サーカス

私がまだ小学生の頃、音楽の授業で生徒が考えた言葉をメロディーに載せて、世界でひとつだけの曲を作り上げたことがありました。幼いながらとても感動し、今もメロディーを聴くと思わず口ずさんでしまいます。社員から募った歌詞を掛け合わせ生み出された『イメージソング』はとても素敵ですね。(叶ありささん)

レコーディング風景

レコーディングには、ピアニストとしてご活躍される前田憲男さん監修のもと、サックス奏者で歌手、平原綾香さんのお父様でもある平原まことさんをお招きするなど、一流のミュージシャンが集いました。

サーカス
サーカス
渡辺真知子

渡辺真知子

アーティストプロフィール

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
渡辺真知子Version

セイコーイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」歌詞

アレンジについて

楽しさとカッコよさを表現する渡辺真知子さんの力強い歌声にマッチした、軽快で陽気なリズム感を取り入れました。間奏で聴こえてくる口笛も楽曲を更に盛り上げ、アレンジが細部まで練りこまれた一曲となっています。

メッセージ

渡辺真知子

レコーディング当日は雨が降り、どんよりとした空でしたが、服部会長の明るく軽快なメロディーを前田先生がゴキゲンで楽しげにアレンジしてくださったので、スタジオ内ではミュージシャンやスタッフ皆の笑いが絶えず、心は快晴ウキウキで、歌い終えた後は気持ちが良かったです。

レコーディング風景

渡辺真知子

豪華メンバーによるバックミュージックと、渡辺真知子さんの力強い歌声が掛け合わさり、思わず口ずさみたくなるような明るく軽快な楽曲に仕上がりました。

EPO

EPO

アーティストプロフィール

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
EPOVersion

セイコーイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」歌詞

アレンジについて

EPOさんの伸びやかで爽やかな歌声に合わせ、起伏のある緻密なアレンジで再構成しました。服部克久さんのアレンジは、彼女の繊細かつエモーショナルな心地良い歌声を更に際立たせています。

メッセージ

EPO

セイコーの「イメージソング」は、詞は社員の方々が考え、曲はセイコーグループCEO服部真二さんが作られたそうですね。監修して頂きました服部克久さんのアレンジに添い合うようなVoiceをイメージし、すごくいい一曲に仕上がりました。このような曲が毎朝オフィスから流れてきたら、社員の方々の毎日は希望と夢でいっぱいになるのではないかと思うほど、素晴らしい曲です。

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー