時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

セイコーとスポーツの歴史

セイコーは1964年の東京オリンピック以来、時代を切り開く新記録の瞬間や人々のハートを動かす感動の瞬間を、最先端の機材開発と経験豊かなタイミングチームで支えてきました。
近年では、アスリートの支援や市民ランナーの応援を通じて、スポーツとのより深い関係を築いています。
「時代とハートを動かすセイコー」が、タイムに挑みスポーツに本気で向き合う人の気持ちに寄り添うパートナーとして刻んできた歴史をご紹介します。

昭和39年

1964

オリンピック競技大会

東京オリンピック

初めてオリンピック公式計時を担当

詳しく見る

昭和47年

1972

1970
年代
オリンピック冬季競技大会

札幌オリンピック

最初の冬季オリンピック公式計時

詳しく見る

昭和53年

1978

サッカーワールドカップ

セイコーワールドスーパーテニス(1978-1995)
サッカーワールドカップ(1978、1982、1986、1990)

昭和54年

1979

NHK杯国際フィギュアスケート競技大会(1979-現在)

1980
年代

昭和55年

1980

全仏オープンテニス(1980-1991)

昭和56年

1981

東京国際マラソン(1981-2006、2007以降東京マラソン)

昭和59年

1984

ファウル判定装置

ファウル判定装置

昭和59年

1984

名古屋国際女子マラソン(1984-現在)
東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント(1984-現在)

昭和60年

1985

IAAFとパートナーシップ契約締結(1985-現在)

IAAFとのパートナーシップ契約

30年以上の歴史の始まり

詳しく見る

昭和60年

1985

パンパシフィック水泳大会(1985-現在)

昭和62年

1987

光波距離計(EDM)

光波距離計(EDM)

平成3年

1991

1990
年代
スリットビデオ、超音波風向風速計

スリットビデオ、超音波風向風速計

平成4年

1992

オリンピック競技大会

バルセロナオリンピック

28年ぶりに夏季オリンピック公式計時を担当

詳しく見る

平成6年

1994

オリンピック冬季競技大会

リレハンメルオリンピック

22年ぶりの冬季オリンピック公式計時

詳しく見る

平成9年

1997

IAAF世界陸上アテネ

IAAF世界陸上アテネ

陸上競技用の新型機材導入を推進

詳しく見る

平成9年

1997

パンパシフィック水泳選手権

パンパシフィック水泳選手権

競泳用の新型機材導入を推進

詳しく見る

平成10年

1998

オリンピック冬季競技大会

長野オリンピック

26年ぶりの日本開催オリンピックで公式計時を担当

詳しく見る

平成11年

1999

ロード用トランスポンダー

平成14年

2002

2000
年代
オリンピック冬季競技大会

ソルトレイクシティオリンピック

3大会連続で冬季オリンピック公式計時を担当

詳しく見る

平成15年

2003

新型風向風速計

新型風向風速計

平成19年

2007

東京マラソン(2007-現在)

東京マラソン

第1回大会からオフィシャルタイマーを担当

詳しく見る

平成21年

2009

IAAF世界陸上 9.58

IAAF世界陸上ベルリン

男子100m走の世界新記録を計時

詳しく見る

平成23年

2011

2010
年代
セイコーゴールデングランプリ陸上(2011-現在)

セイコーゴールデングランプリ陸上

世界のトップアスリートが集う冠大会

詳しく見る

平成29年

2017

IAAF世界陸上

IAAF世界陸上ロンドン

先端の計時システムで大会の成功に貢献

詳しく見る

平成30年

2018

TEAM SEIKO(棟朝選手入社、坂井選手所属)

TEAM SEIKO結成

アスリートの挑戦をサポート

詳しく見る
本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー