時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

NATSUMI
SAKAI
Aquatics
酒井夏海
競泳
セイコーサポートアスリート
酒井夏海
酒井夏海
PROFILE

兄の影響で6歳から競泳を始める。
小学校6年生のときジュニアオリンピック春季大会で50m背泳ぎと100m背泳ぎで優勝。
中学3年生で2016年リオデジャネイロ五輪にメドレーリレーの代表に選出された。
50m、100m、200mの背泳ぎで高校記録を持つ。
2018年 ジャカルタアジア競技大会で、出場した5種目全てでメダルを獲得。
2019年のFINA世界水泳選手権大会では女子100m背泳ぎで6位入賞を果たす。
2020年4月からは東洋大学に進学予定。

所属
東洋大学 入学予定
出身
埼玉県
生年月日
2001年6月19日

主な戦歴

2016年 リオデジャネイロ五輪 日本代表 (100m背泳ぎ, 200m背泳ぎ)
2017年 世界ジュニア水泳選手権
50m背泳ぎ優勝、100m背泳ぎ5位, 200m背泳ぎ3位
2018年 パンパシフィック水泳選手権大会2018
100m背泳ぎ6位, 200m背泳ぎ7位
ジャカルタアジア競技大会
50m背泳ぎ3位、100m背泳ぎ優勝, 200m背泳ぎ2位
2019年 FINA世界水泳選手権大会
100m背泳ぎ6位

自己記録

50m背泳ぎ 27秒82 (2018年 日本選手権水泳大会)
※高校記録
100m背泳ぎ 59秒20 (2018年 パンパシフィック水泳選手権大会)
※高校記録
200m背泳ぎ 2分08秒13 (2018年 ジャカルタアジア競技大会)
※高校記録

SCHEDULE & RESULT

スケジュールと大会結果
New
ジャパンオープン2020
2020.6.4~7(横浜/日本)

MAGAZINE

セイコーとともに時代とハートを動かす人・もの・ことをお届けする、SEIKO HEART BEAT Magazine。酒井選手の記事はこちら

競技を支えるセイコーの計時・計測システム

スターティングブロック

スターティングブロック

滑り止め加工を施したスタート台と、前後5段階に調節可能なフットプレートが、選手の確実なスタートをサポートします。スターティングブロックにはセンサーが内蔵されており、選手の足がスタート台を離れた瞬間を検知して、メイン計時システムであるプリンティングタイマーに信号を送ります。

タッチ板

タッチ板

ターンサイドとゴールサイドに設置したタッチ板は、水圧や水しぶきには反応せず、選手のタッチだけを正確に検出してメイン計時システムであるプリンティングタイマーに信号を送ります。

プリンティングタイマー

プリンティングタイマー

プリンティングタイマーはメイン計時システムの中心です。スタートピストル、スターティングブロック、タッチ板から送られたすべての信号がこの装置に集まり、タイムを計測します。
選手がスタートの合図を受けて反応するまでの時間(リアクションタイム)やリレー競技では引き継ぎ時間もこのタイマーで計測します。

セイコーがサポートする選手

TEAM SEIKO

山縣亮太
RYOTA
YAMAGATA
山縣 亮太
/ 陸上
福島千里
CHISATO
FUKUSHIMA
福島 千里
/ 陸上
棟朝銀河
GINGA
MUNETOMO
棟朝 銀河
/ トランポリン
坂井聖人
MASATO
SAKAI
坂井 聖人
/ 競泳

セイコーサポートアスリート

宮脇花綸
宮脇 花綸
/ フェンシング
酒井夏海
酒井 夏海
/ 競泳