時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

KARIN
MIYAWAKI
Fencing
宮脇 花綸
フェンシング
セイコーサポートアスリート
宮脇花綸
宮脇花綸
PROFILE

東京生まれ。5歳からフェンシングを始め、東洋英和中から慶應義塾女子高校に進学。高校1年の時に、太田雄貴選手から具体的目標を立てることの重要性を学び、オリンピックを目指すことを決意した。2016年にはジュニアのワールドカップで優勝、そして2018年5月のシニアのグランプリ大会で準優勝し、日本ランキング1位、世界ランキング16位に到達した。
※2020年4月時点で日本ランキング6位

所属
マイナビ
出身
東京都
生年月日
1997年2月4日

主な戦歴

東洋英和女学院小学部4年時に全国少年大会 優勝
2011年 フランス・マラソンフルーレU-17 優勝
2013年 ヨーロッパ・カデ・サーキット(オーストリア) 優勝
2015年 関東学生フェンシング選手権 優勝
2016年 ジュニアワールドカップ (ルーマニア) 個人戦 優勝
2017年 アジアジュニア選手権個人戦 銅メダル
2018年 ワールドカップグランプリ大会 (上海) 準優勝
ジャカルタアジア大会 金メダル

※種目はすべてフルーレ

2018年8月23日にジャカルタで行われたアジア大会にて、宮脇花綸選手がフェンシング・女子フルーレ団体で金メダルを獲得

宮脇花綸
表彰台での宮脇選手(一番右)

2018年8月23日に行われた、ジャカルタ・アジア大会のフェンシング・女子フルーレ団体に、セイコーがサポートするアスリート宮脇花綸選手が出場し、見事この種目で日本チーム初となる金メダルを獲得しました!宮脇選手は、5月のフェンシング上海GP大会で、日本選手として10年振り3人目、過去最高位となる準優勝の快挙を達成し、現在日本ランキング1位。このアジア大会でも、チームのリーダー格として期待に応える見事な活躍を見せ、日本チームをアジア王者に導きました。

SCHEDULE & RESULT

スケジュールと大会結果
第73回全日本フェンシング選手権
2020.09.19(東京/日本)
ベスト8

MAGAZINE

セイコーとともに時代とハートを動かす人・もの・ことをお届けする、SEIKO HEART BEAT Magazine。宮脇選手の記事はこちら

セイコーがサポートする選手

TEAM SEIKO

山縣亮太
RYOTA
YAMAGATA
山縣 亮太
/ 陸上
福島千里
CHISATO
FUKUSHIMA
福島 千里
/ 陸上
棟朝銀河
GINGA
MUNETOMO
棟朝 銀河
/ トランポリン
坂井聖人
MASATO
SAKAI
坂井 聖人
/ 競泳

セイコーサポートアスリート

宮脇花綸
宮脇 花綸
/ フェンシング
酒井夏海
酒井 夏海
/ 競泳
佐藤翔馬
佐藤 翔馬
/ 競泳