時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

Sound Inn "S"

2019年7月20日 放送

#52:秦 基博

秦 基博

番組レポート

秦 基博

2006年のデビュー以来、「ひまわりの約束」を始め、数々の名曲を世に送り出してきたシンガーソングライター・秦 基博さん。

近年では、アーティストへの楽曲提供のほか、作詞・作曲・アレンジまですべてをプロデュースした作品も増えています。

秦 基博

そんな秦さんが、3月にリリースした自身初の卒業ソング「仰げば青空」で、アレンジのパートーナーに選んだのは、キーボーディストであり、数々のアーティストのプロデュースも務める、トオミヨウさん。
秦さんのサウンド面での変化や、新しいビジョンを感じさせてくれるこの作品を「Sound Inn “S”」だけの特別なアレンジで披露してくれます。

秦 基博

また、秦さんとトオミさんが作業を行っている音楽スタジオに訪問。
2人が普段どうやって楽曲制作をしているのか、貴重な制作秘話と共に、2ndシングルの「鱗(うろこ)」も2人の息のあったセッションでお楽しみいただけます。

秦 基博

そして、秦さんの原点ともいえる“弾き語り”にもスポットをあて、武道館を始め、数々のコンサートで披露されてきた「朝が来る前に」(2009年発売)を、斎藤ネコがアレンジします。
秦さんの弾き語りでスタートする音色に、斎藤ネコが誇るオーケストレーションアレンジで、弦や管楽器が重なっていくサウンドは、これぞ「Sound Inn “S”」クオリティです。

今回も、他では類をみない至極のサウンドを、ぜひお楽しみ下さい。

※曲順は放送順と異なる場合があります。

出演者メッセージ

秦 基博
『Sound Inn “S”』出演に際しPROSPEXをご着用いただきました

今回、初めて「Sound Inn S」に出演させて頂きましたが、楽曲の持つ可能性、音楽の持つ楽しさを、改めて、とても感じられた収録でした。

トオミヨウさんには、2nd Singleである「鱗(うろこ)」、最新曲の「仰げば青空」をアレンジして頂きました。
「鱗(うろこ)」は、おそらく、これまで自分の曲の中でも一番多く歌ってきた楽曲です。
なので、今回、トオミさんのアレンジによって、また新たな「鱗(うろこ)」の景色が描かれたことがとても嬉しかったです。

「仰げば青空」は、初めてトオミさんとご一緒し、共同でアレンジしてレコーディングした作品です。
この楽曲のテーマは“卒業”なのですが、今回、シンプルな編成でのリアレンジによって、またオリジナル音源とは違った“卒業”を感じて頂けるのではないかと思います。

斎藤ネコさんには「朝が来る前に」をアレンジして頂きました。
斎藤さんとは今回初めてご一緒しましたが、豪華な編成でありながら、楽曲の持つ景色を静かに後押しして、その世界をさらに広げてくださるようなアレンジに感激しました。

三曲共に是非、お楽しみください。

秦 基博

他の放送回を見る

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー