時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

環境理念/環境方針/環境推進体制

環境理念/環境方針

環境理念

(改定:2013年6月/制定:1998年4月)

セイコーは、地球環境を守ることが人類共通の最重要課題であることを認識し、良き企業市民として環境の保全に配慮して行動します。

環境方針

(改定:2013年6月/制定:1999年4月)

  • 環境目標を定め、計画的に実行して結果を確認し、継続的改善につなげます。
  • 日本国内と世界各国の環境関連法規、条例、および業界の取り組み事項を遵守し、環境汚染の予防に努めます。
  • 商品の製造から販売までの全ライフサイクルで、グリーン購入・環境に優しい製造方法・化学物質の管理・商品・梱包材・輸送方法などを通じて資源の有効利用と温暖化ガス・廃棄物の低減を図ります。このことにより生物の多様性保全にも貢献します。
  • 環境問題の動向と会社の環境方針を社員と共有し、環境活動への理解と参加を促します。
  • 環境問題に関する方針と活動を社外に発信して社会とのコミュニケーションを図ります。

環境推進体制

セイコーホールディングスグループ各社の環境担当者が一堂に会し、方針を決める場が「環境連絡会」です。環境連絡会の「製造分科会」では、製造各社が、急速に変わっていく国内外の法規制やガイドラインなどに関する最新情報の共有を主な目的として、定期的に連絡・報告を行っています。さらに、定期的に外部講師を招聘して、社員を対象に「環境セミナー」を開催するとともに、イントラネットの「環境トピックス」では、年間の目標とレビュー、環境をめぐる話題などを取り上げ、社員への啓発に努めています。

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー