メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

環境コミュニケーション

環境コミュニケーション 環境コミュニケーション

環境経営を実践していく中で、ステークホルダーのみなさまとの信頼関係を築くことは極めて重要です。セイコーホールディングスグループの国内外の各事業会社では、環境を通じた地域社会とのコミュニケーションを大切にし、さまざまな活動に取り組んでいます。

地域とのコミュニケーション

盛岡セイコー工業(株)では、2020年10月に「地域と始める環境報告会」を開催しました。この報告会は2008年度から継続的に開催しているものです。13回目となった2020年度は、コロナ禍での開催のため参加人数を制限して参加を募り、地域住民の方のご参加はなく、岩手県内企業より9名、行政より3名の計12名の方にご参加いただきました。今回より主会場を2020年7月にオープンしたグランドセイコースタジオ雫石に移し、プログラムも一部刷新しました。工場や屋外緑地の見学、環境活動の紹介のほか、環境教育の一環として生物多様性とSDGsについて説明を行いました。

構内緑地にて生物多様性について説明
構内緑地にて生物多様性について説明

植栽活動

セイコーインスツル(株)幕張事業所は、2014年8月に千葉県と「法人の森協定」を締結し、千葉県の九十九里浜沿いにある「セイコーインスツルの森」にてクロマツの植栽を行っています。2018年4月には協定を更新し、クロマツの成長を見守り続けてきましたが、2019年9月に発生した台風15号によりクロマツが損傷する大きな被害を受けました。2020年度は社員による追加植栽を予定していましたがコロナ禍で断念し、2021年5月に千葉県森林組合による追加植栽を実施しました。今回植栽した苗木は、抵抗性クロマツ192本とトベラ46本です。今後も成長を見守り続けていきます。

苗木を植栽
苗木を植栽

環境地域貢献

セイコーホールディングスクループの国内外の各事業会社では定期的に事業所周辺や沿道などの清掃活動を行っています。2020年度はコロナ禍で多くの事業会社では規模を縮小しての活動になりましたが、今後も継続して実施していきます。

セイコーインスツル(株)仙台事業所では近隣の広瀬川周辺や事業所周辺の地域清掃を継続的に実施しています。2020年度は約30名の社員が参加しました。

事業所周辺を清掃
事業所周辺を清掃

セイコーインスツル(株)大野事業所は、地域の環境美化に貢献している団体として市川市から表彰されました。長年にわたり定期的に実施している事業所周辺の清掃活動が評価されたものです。今後も周辺の清掃活動を通じて地域貢献を行っていきます。

表彰状
表彰状

2021年3月、中国の広州精工技術有限公司でも社員有志による会社周辺のクリーン化作戦を実施しました。当日は42名の参加者で、構内敷地の他、約2㎞にわたり沿道の清掃を行いました。晴天のもと、参加者はきれいになっていく達成感と環境活動の重要性を改めて認識しました。

参加者一同
参加者一同