時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

環境会計

セイコーホールディングスグループでは、環境保全活動のコストと効果を集計しています。2017年度の環境保全コストは、設備投資額が614.8百万円、費用額が1,728.5百万円でした。その結果、CO2排出量削減122.3トン、新規材料購入抑制量287.0トンといった量的な効果のほか、経済効果として432.3百万円の費用削減を達成できました。

環境保全コスト

集計範囲: セイコーウオッチ(株)、セイコーインスツル(株)および子会社6社、セイコーNPC(株)、セイコーソリューションズ(株)、セイコークロック(株)、(株)和光、セイコータイムシステム(株)、セイコーホールディングス(株) (事業会社13社、持株会社1社)

集計期間: 2017年4月1日~2018年3月31日

(単位:百万円)

分類 2017年度
投資額※1 費用額※2
事業エリア内コスト

(内訳)
(1)公害防止コスト
(2)地球環境保全コスト
(3)資源循環コスト

611.3
(103.0)
(324.8)
(183.6)
1,283.4
(478.4)
(407.0)
(398.0)
上流下流コスト 1.7 40.5
管理活動コスト 1.8 305.4
研究開発コスト 0.0 95.4
社会活動コスト 0.0 3.8
環境損傷対応コスト 0.0 0.0
合計 614.8 1,728.5
  • 投資額は2017年度のみの投資額です。
  • 費用額には前年度までの投資にかかる減価償却費を含みます。

環境保全効果

環境負荷 削減量(前年比)
CO2(t) 122.3
用水(千㎥) -21.3
紙資源(t) 21.1
産業廃棄物(t) -53.6
一般廃棄物 (t) -3.9
新規材料購入抑制量
(単年度効果)(t)
296.0

環境活動に伴う経済効果

(単位:百万円)

実質効果の内容 実質効果(前年比)
省エネルギーによる費用削減 -231.4
省資源による費用の削減(水) 5.7
省資源による費用の削減(紙) 0.4
廃棄物処理費用の削減 -2.6
有価物など売却による収入(単年度効果) 154.2
新規材料購入抑制金額(単年度効果) 287.0
合計 213.3
環境リスク回避効果試算(単年度効果)
大気、水質汚染などによる操業停止回避 159.0
不法投棄などによる罰則の回避・その他 60.0
合計 219.0
経済効果総合計 432.3
本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー