時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

RYOTA
YAMAGATA
Track and field
山縣亮太
陸上
セイコー社員アスリート
山縣亮太

全ては結果となって返ってくる。
だからこそ常に探究者として、
そして挑戦者として目の前の現実と向き合い、
新しい世界へ突き進みたい。

山縣亮太
PROFILE

リオデジャネイロ五輪男子4×100mRの第一走者として、男子トラック種目初の銀メダル獲得に貢献。個人では、日本歴代2位タイ記録(10秒00)と、五輪における日本選手史上最速を記録したトップスプリンター

入社
2015年
出身
広島県
年齢
26歳
TEAM SEIKOとは?

「数字に挑む」アスリートの挑戦をサポート

セイコーは、「時代とハートを動かすSEIKO」のグループスローガンのもと、タイムやスコアなど「数字に挑む」アスリートたちを応援しています。
陸上の山縣選手、福島選手、トランポリンの棟朝選手、競泳の坂井選手の4名のアスリートを「TEAM SEIKO」としてサポート。当社のスポーツスローガン「ただの数字じゃない。」を体現するアスリートの活躍が、スポーツを愛する人たちのモチベーションにつながることを願っています。

主な戦歴

2012年 ロンドン五輪 準決勝進出、4×100mR 4位
2013年 日本陸上競技選手権大会 優勝
2014年 日本陸上競技選手権大会 準優勝
仁川アジア大会 6位、4×100mR 銀メダル
2016年 日本陸上競技選手権大会 準優勝
リオデジャネイロ五輪 準決勝進出、4×100mR 銀メダル
全日本実業団選手権 優勝
2017年 全日本実業団選手権 優勝
2018年 日本陸上競技選手権大会 優勝
ジャカルタアジア大会 銅メダル、4×100mR 金メダル
全日本実業団選手権 優勝

※距離の記載のないものはすべて男子100m

自己記録

100m 10秒00 (2017年 全日本実業団選手権、2018年 ジャカルタアジア大会)
200m 20秒41 (2013年 関東インカレ)
アジア新 日本新 4×100mR 37秒60 (2016年 リオデジャネイロ五輪)

SCHEDULE & RESULT

スケジュールと大会結果
国民体育大会
2018. 10. 05~09(福井 / 日本)
100m 10秒58 優勝
4×100mR 40秒07 2位
全日本実業団対抗選手権大会
2018. 09. 22~23(大阪 / 日本)
100m 10秒01 優勝
アジア大会
2018. 08. 21~31(ジャカルタ / インドネシア)
100m 10秒00 3位
4×100mR 38秒16 優勝
Meeting International de la Province de Liège
2018. 07. 18(リエージュ / ベルギー)
100m 10秒13 優勝
日本陸上競技選手権大会
2018. 06. 22~24(山口 / 日本)
100m 10秒05 優勝
布勢スプリント
2018. 06. 03(鳥取 / 日本)
100m 10秒12 優勝
セイコーゴールデングランプリ陸上
2018. 05. 20(大阪 / 日本)
100m 10秒13 2位
4×100mR 37秒85 優勝
織田幹雄記念国際陸上競技大会
2018. 04. 28~29(広島 / 日本)
100m 10秒17 優勝
2018 Summer of Athletics Grand Prix
2018. 03. 22(ブリスベン / オーストラリア)
100m 10秒15 優勝

2018年シーズンは終了いたしました。ご声援のほどありがとうございました。来シーズンもよろしくお願いいたします。

競技を支えるセイコーの計時・計測システム

スターティングブロック

スターティングブロック

スターティングブロックには、どの選手にも公平にスタート音が聞こえるようにスピーカーが内蔵されています。また、フライングを判定するため、選手がフットプレートにかけた圧力を検知する圧力センサーも内蔵されています。

フォトフィニッシュカメラ

フォトフィニッシュカメラ

公式タイムは1/10,000秒まで計測可能なフォトフィニッシュカメラを使用し、ルールで定められている1/100秒単位で計測します。選手がフニッシュラインに近づくと、カメラが作動して1秒間に2000枚の極細画像を撮影します。これを繋ぎ合わせたものがフォトフィニッシュ画像で、この画像を元に着順とタイムの判定を行います。

フライング判定装置

フライング判定装置

この装置は、選手がスターティングブロックのフットプレートにかける圧力をモニターし、その変化から選手がスタートの合図を受けて反応するまでの時間(リアクションタイム)を計測します。
リアクションタイムが1/10秒未満だった場合はフライングと判定され、スタートから1秒以内に自動的にピストル音が鳴ってレースがリコールされ、スタートがやり直しされます。

セイコーがサポートする選手

TEAM SEIKO

山縣亮太
RYOTA
YAMAGATA
山縣 亮太
/ 陸上
福島千里
CHISATO
FUKUSHIMA
福島 千里
/ 陸上
棟朝銀河
GINGA
MUNETOMO
棟朝 銀河
/ トランポリン
坂井聖人
MASATO
SAKAI
坂井 聖人
/ 競泳

セイコーサポートアスリート

宮脇花綸
宮脇 花綸
/ フェンシング
本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー