メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

RYOTA
YAMAGATA
Track and field

山縣亮太

陸上
セイコー社員アスリート
山縣亮太

すべては結果となって返ってくる。
だからこそ常に探究者として、
そして挑戦者として目の前の現実と向き合い、
新しい世界へ突き進みたい。

山縣亮太
PROFILE

リオデジャネイロ五輪男子4×100mリレーの第一走者として、銀メダル獲得に貢献。個人では、五輪における日本選手史上最速を記録したトップスプリンター。東京五輪では日本選手団主将を務める。自己ベスト9秒95。

入社
2015年
出身
広島県
生年月日
1992年6月10日
Team Seikoとは?

Team Seikoとは?

時を刻み、心をつなぐ。

「Team Seiko」は、スポーツを通して人々に感動を届け、セイコーのグループパーパスの一端である
“世界中が笑顔であふれる未来づくり”を体現するアスリートのチームです。

Team Seiko アスリート

山縣亮太/陸上
デーデー ブルーノ/陸上
坂井聖人/競泳
大橋悠依/競泳
酒井夏海/競泳
佐藤翔馬/競泳
棟朝銀河/トランポリン
宮脇花綸/フェンシング
福島千里/セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)

主な戦歴

2012年 ロンドン五輪 準決勝進出、4×100mR 4位
2013年 日本陸上競技選手権大会 優勝
2014年 日本陸上競技選手権大会 準優勝
仁川アジア大会 6位、4×100mR 銀メダル
2016年 日本陸上競技選手権大会 準優勝
リオデジャネイロ五輪 準決勝進出、4×100mR 銀メダル
全日本実業団選手権 優勝
2017年 全日本実業団選手権 優勝
2018年 日本陸上競技選手権大会 優勝
ジャカルタアジア大会 銅メダル、4×100mR 金メダル
全日本実業団選手権 優勝
2021年 第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会 優勝
第105回 日本陸上競技選手権大会 3位
東京五輪 日本代表(男子100m/4×100mR)

※距離の記載のないものはすべて男子100m

自己記録

日本記録 100m 9秒95 (2021年 布勢スプリント)
200m 20秒41 (2013年 関東インカレ)
4×100mR 37秒60 (2016年 リオデジャネイロ五輪)

SCHEDULE & RESULT

スケジュールと大会結果
第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会
2021.09.24~26(大阪/日本)
100m 10秒43
第105回日本陸上競技選手権大会
2021.06.24~27(大阪/日本)
100m 10秒27 3位
布勢スプリント2021
2021.06.06(鳥取/日本)
100m 9秒95 優勝
2021水戸招待陸上
2021.05.05(茨城/日本)
100m 10秒71 優勝
第55回織田幹雄記念国際陸上競技大会
2021.04.29(広島/日本)
100m 10秒14 優勝
シレジア2021世界リレー選手権日本代表選考トライアル
2021.03.28(宮崎/日本)
100m 10秒36
2021 Japan Athlete Games in Osaki
2021.02.28(鹿児島/日本)
100m 10秒39 優勝

MAGAZINE

スポーツを通じて人生の「時」を豊かにするライフスタイルマガジンです。山縣選手の記事はこちら

ATHLETE

「Team Seiko」は、スポーツを通して人々に感動を届け、セイコーのグループパーパスの一端である
“世界中が笑顔であふれる未来づくり”を体現するアスリートのチームです。

山縣亮太
RYOTA
YAMAGATA
山縣 亮太
陸上
プロフィール・戦績
デーデーブルーノ
BRUNO
DEDE
デーデー ブルーノ
陸上
プロフィール・戦績
坂井聖人
MASATO
SAKAI
坂井 聖人
競泳
プロフィール・戦績
大橋悠依
YUI
OHASHI
大橋 悠依
競泳
プロフィール・戦績
酒井夏海
NATSUMI
SAKAI
酒井 夏海
競泳
プロフィール・戦績
佐藤翔馬
SHOMA
SATO
佐藤 翔馬
競泳
プロフィール・戦績
棟朝銀河
GINGA
MUNETOMO
棟朝 銀河
トランポリン
プロフィール・戦績
宮脇花綸
KARIN
MIYAWAKI
宮脇 花綸
フェンシング
プロフィール・戦績
福島千里
CHISATO
FUKUSHIMA
福島 千里
セイコースマイルアンバサダー
(スポーツ担当)
プロフィール・戦績
Team Seikoとは

競技を支えるセイコーの計時・計測システム

スターティングブロック

スターティングブロック

スターティングブロックには、どの選手にも公平にスタート音が聞こえるようにスピーカーが内蔵されています。また、フライングを判定するため、選手がフットプレートにかけた圧力を検知する圧力センサーも内蔵されています。

フォトフィニッシュカメラ

フォトフィニッシュカメラ

公式タイムは1/10,000秒まで計測可能なフォトフィニッシュカメラを使用し、ルールで定められている1/100秒単位で計測します。選手がフニッシュラインに近づくと、カメラが作動して1秒間に2000枚の極細画像を撮影します。これを繋ぎ合わせたものがフォトフィニッシュ画像で、この画像を元に着順とタイムの判定を行います。

フライング判定装置

フライング判定装置

この装置は、選手がスターティングブロックのフットプレートにかける圧力をモニターし、その変化から選手がスタートの合図を受けて反応するまでの時間(リアクションタイム)を計測します。
リアクションタイムが1/10秒未満だった場合はフライングと判定され、スタートから1秒以内に自動的にピストル音が鳴ってレースがリコールされ、スタートがやり直しされます。