メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

サステナビリティ

スポーツと音楽

HEART BEAT Magazine

採用情報

お問い合わせ

MIO
NARITA
Swimming

成田実生

競泳
セイコーサポートアスリート
成田実生
成田実生
PROFILE

今後の日本競泳界を牽引し、世界へ羽ばたくことを期待される若きスイマー。
2022年(当時中学3年生)の国際大会代表選考会で、400m個人メドレーでジュニア世界記録を樹立すると、2023年4月の日本選手権で200m、400m個人メドレーで優勝。同年7月の世界水泳選手権に日本代表選手として出場。同年9月のアジア大会では400m個人メドレーで3位に輝いた。

所属
ルネサンス
出身
東京都
生年月日
2006年12月18日
Team Seikoとは?

Team Seikoとは?

時を刻み、心をつなぐ。

「Team Seiko」は、スポーツを通して人々に感動を届け、セイコーのグループパーパスの一端である
“世界中が笑顔であふれる未来づくり”を体現するアスリートのチームです。

Team Seiko アスリート

山縣亮太/陸上
デーデー ブルーノ/陸上
豊田兼/陸上
佐藤翔馬/競泳
坂井聖人/競泳
大橋悠依/競泳
成田実生/競泳
棟朝銀河/トランポリン
福島千里/セイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)

主な戦歴

2022年 国際大会日本代表選手選考会400m 個人メドレー 2位
(世界ジュニア新記録樹立)
2023年 第99回 日本選手権水泳競技大会 200mおよび400m個人メドレー 優勝
アジア大会 400m個人メドレー 3位
JAPAN OPEN 2023 200mおよび400m個人メドレー 優勝

自己記録

200m個人メドレー 2分10秒11
400m個人メドレー 4分36秒71

SCHEDULE & RESULT

スケジュールと大会結果
国際大会代表選手選考会
2024.3.17-24(東京/日本)
200m個人メドレー 2:10.39 3位
400m個人メドレー 4:35.40 1位

MAGAZINE

スポーツを通じて人生の「時」を豊かにするライフスタイルマガジンです。成田実生選手の記事はこちら

ATHLETE

「Team Seiko」は、スポーツを通して人々に感動を届け、セイコーのグループパーパスの一端である
“世界中が笑顔であふれる未来づくり”を体現するアスリートのチームです。

山縣亮太
RYOTA
YAMAGATA
山縣 亮太
陸上
プロフィール・
戦績
デーデーブルーノ
BRUNO
DEDE
デーデー ブルーノ
陸上
プロフィール・
戦績
豊田兼
KEN
TOYODA
豊田 兼
陸上
プロフィール・
戦績
佐藤翔馬
SHOMA
SATO
佐藤 翔馬
競泳
プロフィール・
戦績
坂井聖人
MASATO
SAKAI
坂井 聖人
競泳
プロフィール・
戦績
大橋悠依
YUI
OHASHI
大橋 悠依
競泳
プロフィール・
戦績
成田実生
MIO
NARITA
成田 実生
競泳
プロフィール・
戦績
棟朝銀河
GINGA
MUNETOMO
棟朝 銀河
トランポリン
プロフィール・
戦績
福島千里
CHISATO
FUKUSHIMA
福島 千里
セイコースマイルアンバサダー
(スポーツ担当)
プロフィール・
戦績
Team Seikoとは

競技を支えるセイコーの計時・計測システム

スターティングブロック

スターティングブロック

滑り止め加工を施したスタート台と、前後5段階に調節可能なフットプレートが、選手の確実なスタートをサポートします。スターティングブロックにはセンサーが内蔵されており、選手の足がスタート台を離れた瞬間を検知して、メイン計時システムであるプリンティングタイマーに信号を送ります。

タッチ板

タッチ板

ターンサイドとゴールサイドに設置したタッチ板は、水圧や水しぶきには反応せず、選手のタッチだけを正確に検出してメイン計時システムであるプリンティングタイマーに信号を送ります。

プリンティングタイマー

プリンティングタイマー

プリンティングタイマーはメイン計時システムの中心です。スタートピストル、スターティングブロック、タッチ板から送られたすべての信号がこの装置に集まり、タイムを計測します。
選手がスタートの合図を受けて反応するまでの時間(リアクションタイム)やリレー競技では引き継ぎ時間もこのタイマーで計測します。