• 印刷用ページ
  • 東証1部:8050
  • Teturn

山縣亮太

全ては結果となって返ってくる。
だからこそ常に探究者として、
そして挑戦者として目の前の現実と向き合い、
新しい世界へ突き進みたい。

リオデジャネイロ五輪男子4×100mRの第一走者として、男子トラック種目初の銀メダル獲得に貢献。個人では、日本歴代2位タイ記録(10秒00)と、五輪における日本選手史上最速を記録したトップスプリンター

入社 2015年 出身 広島県 年齢 26歳

Career & Title

主な戦歴

2012年
ロンドン五輪 準決勝進出、4×100mR 4位
2013年
日本陸上競技選手権大会 優勝
2014年
日本陸上競技選手権大会 準優勝
2014年
仁川アジア大会 6位、4×100mR 銀メダル
2016年
日本陸上競技選手権大会 準優勝
リオデジャネイロ五輪 準決勝進出、4×100mR 銀メダル
全日本実業団選手権 優勝
2017年
全日本実業団選手権 優勝
2018年
日本陸上競技選手権大会 優勝
2018年
ジャカルタアジア大会 銅メダル、4×100mR 金メダル

※距離の記載のないものはすべて男子100m

自己記録

100m
10秒00(2017年 全日本実業団選手権、2018年 ジャカルタアジア大会)
200m
20秒41(2013年 関東インカレ)
4×100mR
37秒60(2016年 リオデジャネイロ五輪)

アジア新・日本新

日本歴代2位タイ記録となる10秒00を達成

当社に所属する山縣亮太選手は、9月24日に行われた全日本実業団陸上選手権大会の100m決勝で、日本歴代2位タイとなる自己新記録の10秒00を達成し優勝しました。

~山縣選手コメント~

「皆様にご声援いただき、ありがとうございました。10秒00の自己ベストを達成できて大変嬉しく思います。
予選の時から加速に手応えを感じることができ、1本ずつ課題を修正していく事ができたことが結果に繋げられたと感じています。
今回得られたレースの感覚を再現し、記録を更新できるように頑張ります。
これからもご声援のほどよろしくお願いいたします。」