ここから本文です

セイコーわくわく時計教室 セイコーわくわく時計教室

セイコーは、子どもたちに時と時計の面白さを伝え、
ものづくりの楽しさとチームで協力することの大切さを感じ取ってもらいたいと願っています。
「セイコーわくわく時計教室」では、小学校での出張授業を通じて、この思いを実現することを目指しています。

2017年に活動を開始したばかりですが、少しずつ活動を広げていきたいと考えています。

授業の概要

授業は、小学校4年生から6年生を対象とし、講義と実験を通して、時間を計る原理と歯車の組み合わせによる減速・増速を学びます。

ステップ1

時間を知る必要がある場面を子どもたちに挙げてもらい、時計の意味を理解してもらいます。

ステップ2

振り子・砂時計・脈拍で10秒を正確に計る実験を行い、時間は「周期」×「回数」で計ることを学びます。

ステップ3

より正確に、より使いやすく進化してきた時計の歴史について学びます。時計の仕組みについて詳しくなり、実際の部品も見てもらいます。

ステップ4

モーターで動く時計に、歯車を組み合わせて、自分たちの好きな時間を計るオリジナル時計を作ります。ここでは、ギア比の概念に触れるほか、時計を作るには何人もの人が、様々な役割を果たすことで初めて可能であることを理解してもらいます。


休み時間の時計、ゆでたまごの時計、お風呂の時計など、ユニークなアイデアが子どもたちから続々と出てきます。

セイコーの社員が講師を勤め、各班にはアシスタントとして入って、子どもたちを手助けします。

ためしてみよう!

体の感覚だけで10秒を正確に計ることは意外と難しいです。
時計教室ではまず体感で、その後に身近な道具を使って10秒を計るチャレンジをしてもらいます。

タイマーの下のボタンを押して、10秒ぴったりで止められるかチャレンジしてください!

00.00

スタート

ストップ

もういちど

先生の感想

腕時計の本物の部品を間近で見せてもらい、子どもたちはとても印象に残っているようでした。とても貴重な経験をさせていただきました。オリジナルの時計作りでも、班ごとに指導者が一人ついてくださり、子どもたちの思いを形にできる、とても良い時計が完成し、皆とても満足していました。普段何気なく教室や家にあり、特に深く考える機会のなかった時計について、その歴史を学び、仕組みを知り、作ってみることができたとても有意義な時間でした。SEIKOさんが墨田区に縁のある企業だということも、子どもたちにとっては驚きだったようです。

子どもたちの感想

  • 全部楽しかった
  • オリジナル時計づくりが楽しかった
  • ギアを組み立てるのが楽しかった
  • 砂時計の砂の調整が難しかった
  • 最初にできた日時計の話がおもしろかった
  • 世界で8個しかない時計に驚いた
  • 時計の部品がすごく多い
  • 時計の仕組みに興味を持った
  • 10秒時計作りで10秒に近づけたこと
  • 腕時計を自分で組み立ててみたい
  • 時計の歴史をもっと知りたい
  • セイコーミュージアムに行って時計のことをもっと知りたい
  • 部品にさわってみたい
  • 時計工場の見学がしたい

作品ギャラリー