メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

「セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京」への特別協賛、 福島千里さん引退セレモニー開催のお知らせ

2022年04月28日
セイコーホールディングス株式会社

写真提供:日本陸上競技連盟

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO 兼 グループCCO:服部真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、来たる5月8日(日)に開催される
「セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京」に特別協賛します。

「ゴールデングランプリ」はワールドアスレティックス(WA)が主催する「ワールドアスレティックスコンチネンタルツアー ゴールド」として位置づけられる大会です。
本大会は2021年の夏の大舞台開催後初の国際大会であり、国立競技場に再び国内外から各種目のトップアスリートが集結します。
セイコーがサポートするTeam Seikoからは、昨年の日本選手権男子100mで10秒19の自己記録をマークして準優勝を果たしたデーデー ブルーノ選手が出場を予定しております。
また、競技終了後には女子短距離100m・200mの現日本記録保持者で、現在はセイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)として次世代育成活動に参画する福島千里さんの引退セレモニーが開催されます。

セイコーはオフィシャルタイマーとして、トップアスリートが限界に挑む瞬間を、時代を牽引してきた高精度の技術力で1/1000秒単位まで計測し、その感動を分かち合えるようサポートします。

▲「セイコーゴールデングランプリ陸上2020東京」の様子 (写真提供:日本陸上競技連盟)

<大会概要>

大会名 : セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京
      ※ワールドアスレティックスコンチネンタルツアー ゴールド認定
日程: 2022年5月8日(日)
主催: 日本陸上競技連盟
会場: 国立競技場(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町 10-1)
特別協賛: セイコーホールディングス(株)
競技種目: 
■男子9種目
100m、400m、800m、110mハードル、400mハードル、3000m障害物、走高跳、走幅跳、やり投
■女子5種目
200m、1500m、100mハードル、走幅跳、やり投

※感染状況によっては中止となる場合もあります。

■公式ホームページ

<テレビ放映>

・TBS系列全国ネット 午後3時から生中継(予定)
 セイコーの新企業CFが放映されます!

「Timing 陸上・競泳篇」30秒

「Timing 陸上篇」15秒

<配信>

・「Paravi」、「YoutubeチャンネルTBS陸上ちゃんねる【公式】」にてLIVE配信

<福島千里さん引退セレモニー>

・場所:国立競技場(ゴールデングランプリ同様)
・日時:2022年5月8日 17時15分頃~(全競技終了後)

【デーデー ブルーノ選手プロフィール】

1999年10月7日 長野県生まれ 
高校2年生から陸上競技を始める。2021年は、日本学生陸上競技個人選手権で優勝。さらに、日本陸上競技選手権大会では100m、200mともに自己ベストを記録し準優勝。東京五輪4×100mリレーの日本代表にも選出された。

<主な戦歴>               
2018年 U20日本選手権(100m) 優勝
2019年 ユニバーシアード競技大会(4×100mR) 優勝
2019年 第53回織田幹雄記念国際陸上競技大会記念陸上(100m) 4位
2021年 日本学生陸上競技個人選手権(100m) 優勝
2021年 READY STEADY TOKYOー陸上競技(100m) 4位
2021年 日本陸上競技選手権大会(100m) 2位
2021年 日本陸上競技選手権大会(200m) 2位

<自己記録>
100m 10秒19
200m 20秒63

【福島千里さんプロフィール】

1988年6月27日 北海道生まれ 
女子100m、200m、4×100mRの日本記録保持者。現役時は日本選手権の100mで2010年から2016年で7連覇を成し遂げ、2011年の世界陸上では日本女子史上初となる準決勝進出を果たした。2022年1月に現役を引退し、現在はセイコースマイルアンバサダー(スポーツ担当)として次世代育成に貢献している。

<主な戦歴> 
日本選手権
100m 優勝8回(2008年, 2010年~2016年)
200m 優勝8回(2009年, 2011~2016年,2018年)

2008年 北京五輪 日本代表 (100m)
2009年 ベルリン世界陸上 日本代表 (100m, 200m)
2010年 広州アジア大会 100m・200m金メダル (100m, 200m) ※日本女子初の二冠達成
2011年 大邱世界陸上 日本代表 (100m, 200m)
2012年 ロンドン五輪 日本代表 (100m, 200m)
2013年 モスクワ世界陸上 日本代表 (100m)
2014年 仁川アジア大会 100m銀メダル・200m銅メダル (100m, 200m)
2015年 北京世界陸上 日本代表 (100m, 200m)
2016年 リオデジャネイロ五輪 日本代表 (100m, 200m)
2018年 ジャカルタアジア大会 日本代表(100m,200m,4×100mR)

<自己記録>
100m 11秒21 日本記録
200m 22秒88 日本記録
4×100mR 43秒39 日本記録

■「Team Seiko」サイト

報道関係の方からのお問い合わせ先:

セイコーホールディングス(株) 広報・IR部

Email:prdeptj@seiko.co.jp

セイコーとスポーツ ただの数字じゃない TIME IS WHAT I AM.

セイコーは、陸上、水泳、サッカーなど、さまざまな競技の協賛を行い、世界中で感動の瞬間をサポートしています。

セイコーとスポーツ