時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

Sound Inn "S"

2020年10月17日 放送

#67:城田優

城田優

番組レポート

城田優

10月から新たな一歩を踏み出した城田優さんは、映画、ドラマ、舞台と活躍の場は多岐に渡り、ミュージカルでも数々の作品に出演。
時には自らも演出を手掛け、その才能はファンならずとも注目される存在です。
また12月には、現代の若者たちに改めてJ-POPの良さを伝えたいと、J-POPカバーアルバム『Mariage』をリリース予定。
今回は、そんな城田優さんの歌手としての一面を存分にお楽しみいただきます。

城田優

まずは、official髭男dismのヒット曲「Pretender」を冨田恵一のアレンジで披露。
この楽曲はボーカルの「突き抜ける自声」が魅力の一つ。
その魅力を最大限に引き出したピアノフィーチャのサウンドに、城田優さんが全開の歌声をのせていきます。

城田優

続いては、今やウェディング・ソングの定番となった、木村カエラの「Butterfly」を披露。
アレンジは宇多田ヒカルのデビュー期を支えた河野圭が担当し
原曲とは違う三拍子のリズムにアレンジされた、城田優さんならではのButterflyをお楽しみください。

城田優

そしてもう一つ、ウエディング・ソングとして2005年に話題となった男性ユニット・navy&ivoryの「指輪」を笹路正徳のアレンジで披露。
木管のサウンドと城田優さんの歌声が合わさり、とても温かみのある仕上がりになっています。

城田優

また、ロケでは城田優さんの趣味である音楽制作用に、機材コーディネータの宇野克郎氏に協力してもらい、機材の買い出しに行ってきました。
マイクやヘッドフォン選びに、聴き比べたり、歌い比べてみたりする姿は新鮮です。ぜひ合わせてお楽しみください。

※曲順は放送順と異なる場合があります。

出演者メッセージ

城田優

自分自身がずっと聞いてきて、もっと世に広めたい、もしくは誰もが知っているけど自分が歌って自分の声で皆さんに感じでいただきたい、という思いでJ-POPカバーアルバムを出す予定です。
皆さんが一度は聞いたことがあるJ-POPや、この曲知らないけど素敵な曲だな、と思っていただける曲を揃えておりますので、楽しみに待っていてください。
その中から今回は、Official髭男dismさんの「Pretender」、木村カエラさんの「Butterfly」、navy&ivoryさんの「指輪」を歌わせていただきました。
収録では、生バンドと一緒にやるときの醍醐味といいますか、当たり前なんですけど、みんなと呼吸を合わせるという、それがすごく気持ち良くできました。
コロナ禍の今、苦しくて辛い、悲しい日々がずっと続いていますが、それでも前に向かって愛を持って希望を持って生きていこう!という気持ちを込めて、一生懸命歌わせていただいたので、皆さんにポジティブなエネルギーが届けばいいなと思っています。

城田優

他の放送回を見る