時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

Sound Inn "S"

毎年12月放送分の恒例となった、クリスマススペシャルとして
お届けする1時間拡大版。

2017年12月23日 放送

#33:クリスマススペシャル

Christmas Special

番組レポート

Christmas Special

毎年12月放送分の恒例となった、クリスマススペシャルとしてお届けする1時間拡大版。
1977年~81年まで「サウンド・イン“S”」の3代目MCを務められた、伊東ゆかりさんをはじめ、当時ゲストとして参加していた、布施明さん、阿川泰子さん、マリーンさんと共に、当時を彷彿とさせる70年代のサウンドをお届け致します。

アレンジは、当時の音楽監督である前田憲男さん、服部克久さんという日本の音楽界を代表する巨匠と、クラシックからハードロックまで幅広く手掛け、長年椎名林檎さんの制作パートナーを務める作編曲家・斎藤ネコさんにお願いし、各アーティストの持ち味を存分に活かしたサウンドを披露してくださいます。

今回はスタンダードPOPS、JAZZはもちろんのこと、映画音楽にもスポットをあて、懐かしい名曲が次々と登場します。また、昨年同様「サウンド・イン“S”」ファンならおなじみの、エンディングコーナーも再現。前田先生のピアノ、服部先生のキーボード、斎藤ネコさんのヴァイオリンで歌うゆかりさんのパフォーマンスに加え、布施さん、阿川さん、マリーンさんの素敵なトークもお楽しみください。

さらに大変貴重な当時の映像もご用意しており、見所が盛り沢山の1時間です。是非ご覧ください。

出演者メッセージ

伊東ゆかり

伊東ゆかり

昨年に引き続き一年ぶりに出演させて頂きました。
昔懐かしい当時の、映像を観て時の流れを感じました。
今回は、私の原点でもあるスタンダードJazzを歌わせて頂きました。
大人が楽しめる素敵な音楽番組。皆様ぜひご堪能下さいませ。

布施明

布施明

およそ40年ぶりくらいの出演になりました。
サウンドインSは僕にとって凄い敷居の高い番組でいつも来るたびにプロデューサーやディレクターに叱られて「もっと勉強してこい」といつも跳ね返されていたんです。
ですから今回もドキドキしていたんですけど、やってみたらすごく楽しかった!
こういう番組が、また毎週みられたら良いですね。
merryXmas&see you again!

阿川泰子

阿川泰子

昨年に続き今年もクリスマス特集に出演する事が出来、感謝の気持ちで一杯です。
今年は初めてガーシュインの作品を前田先生のアレンジで歌う事出来、大変うれしゅうございました。
歴史ある貴番組に恥じぬよう精進してまいりますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。お礼まで。

マリーン

マリーン

35年振りに出演させて頂いた『Sound Inn “S”』!
20才前後に出演した時のVTRを見て当時を懐かしく思い出しました!

前田先生、服部先生や、大先輩の皆さんとの共演、楽しかったです♪
ありがとうございました!

そして、服部先生にとてもお久しぶりにアレンジして頂いた曲、
「NOBODY DOES IT BETTER」は、今回、初めて歌わせて頂きました。
どうぞお楽しみに!

これからも、また是非、よろしかったらよろしくね♪

他の放送回を見る

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー