メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

2022年 社長 新年挨拶

2022年01月05日
セイコーホールディングス株式会社

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
昨年も新型コロナウイルス感染症の変異株拡大により企業活動は大きな影響を受けましたが、ウオッチ事業では「グランドセイコー」や「セイコー プロスペックス」を中心としたグローバルブランド拡大の取組みが順調に進み、多くの国や地域でコロナ前の水準を超えて伸長しました。電子デバイス事業は、好調な需要を確実に捉え売上を伸ばし、システムソリューション事業も多角化やストックビジネス拡大への取組みが奏功し、増収増益を継続しています。
しかし一方で、コロナ禍に限らず、自然災害や地政学リスクの顕在化など、近年、我々を取り巻く環境の不確実性は一層高まっております。VUCAの時代に私たちに求められているものは、変化への柔軟な対応と戦略の迅速な実行であり、それとともに多くの社会課題の解決に貢献していくことと考えています。
今年は、第8次中期経営計画のスタートの年となります。昨年5月に制定したパーパスを原点とするグループ10年ビジョンから、バックキャスティングでぶれないターゲットを定めると同時に、外部環境の変化に対しても柔軟に迅速に対応できる仕組みを構築し、目標達成を目指していきます。
本年も、お客様とともに成長を続け、社会の発展に貢献できるよう、セイコーホールディングスグループ一丸となって取り組んでまいります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

セイコーホールディングス株式会社
代表取締役社長  高橋 修司