メニュー

ニュース

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT Magazine

採用情報

お問い合わせ

セイコー時間白書2022

セイコー時間白書2022 セイコー時間白書2022

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO 兼グループCCO:服部真二、本社:東京都中央区)は、6月10日の「時の記念日」にちなみ、生活者に時間についての意識や実態を探る調査を毎年『セイコー時間白書』として発表しています。

コロナ禍生活も3年目に突入し、ニューノーマルが日常として定着しつつある現在、時間の感覚や使い方から復調の兆しが感じられるようになりました。『セイコー時間白書2022』では、これまでの定点観測に加え、青春という貴重な時間をコロナ禍で過ごした10代に注目。彼らの時間感覚から10代のリアルを探りました。

定点観測

コロナ禍生活3年目 以前のような「時間が足りない」生活に徐々にシフト ポストコロナの兆しかも

  • コロナ禍生活3年目、66.3%が「時間に追われ」(前年61.8%)、57.2%が「1日24時間では足りない」(前年55.1%)と感じ、どちらも増加傾向に。
  • 1時間の時価、オンタイム4,983円(前年4,253円 +730円)、オフタイム13,639円(前年12,992円、+647円)と高値更新中。
  • 半数が「仕事とプライベート双方でこなすべきタスクが増え、時間が足りない」(48.1%)と感じており、前年(37.8%)から10pt以上増加。
  • 今の日常を表す言葉は「粛々」(23.0%)。コロナ収束後は「のんびり」 (11.7%)というより「のびのび」(27.2%)したいとより能動的な姿勢に。

時間感覚から見る10代のリアル

「時間」が原動力となる10代。コロナ禍で「時間」や「自分」に真剣に向き合う、志の高い“個立”の10代

  • 時間に追われたり制限されることが原動力となっている10代。「時間が制限された方が頑張れる」(62.5%>全体48.3%)、「やることが無いと不安」
    (45.0%>全体30.1%)、「せわしなくさまざまなことに追われることは楽しい」(43.0%>全体24.8%)。
  • コロナ禍生活で「時間」や「自分」について最も向き合っているのも10代。「時間の過ごし方や使い方を考えた」(60.0%>全体47.5%)、「自分自身
    について考える時間が増えた」(54.0%>全体41.8%)、「自分について考える時間はポジティブな影響をもたらした」(36.0%>全体24.8%)。
  • ひとり時間、10代の6割が「増やしたい」(62.0%>全体54.8%)、1日に「5.51時間」(>全体5.22時間)欲しい。個での自立を目指す“個立”の10代。

将来のビジョンを持ち社会課題への関心も高い、サステナブルでソーシャルグッドな新しい10代

  • 10代の64.0%が将来のビジョンを持ち、「サステナブル」(82.0%)、「ジェンダー」(80.0%)、「貧困問題」(79.5%)などの社会課題にも関心が高い。
  • 10代の42.5%が「心を動かされる時間」(全体30.9%)を望み、37.5%がコロナ禍でも心を動かされる時間が「増え」(全体21.3%)、34.5%が心を動かす時間を「能動的に作った」(全体26.8%)。
  • 感受性が高い10代はお金をかけずに感動を生み出す感動力が高い?!心を動かされる時間にかけたい費用、平均11.0万 10代8.6万 60代14.3万。
  • 新成人の半数以上が、大人になっても「学び」(61.9%)、「自分を見つめる」(57.1%)、「心を整える」(55.2%)、「自己研鑽」(53.3%)を忘れない。

調査概要

調査時期

2022年4月28日(木)~5月1日(日)

調査手法

インターネット調査

調査対象

全国の10代~60代の男女1,200人
(男女各600人 各年代別に男女各100人ずつ 10代は15歳以上)

調査委託先

マクロミル

※構成比(%)は小数第2位以下を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100%にならない場合があります。また、金額は小数第1位以下を四捨五入しています。

バックナンバー

これまでのセイコー時間白書を閲覧することが出来ます。