時代とハートを動かす SEIKO セイコーホールディングス株式会社
MY PAGE MENU

Spirits Overview | SEIKOは進化する

セイコーは創業以来、「常に最高のクオリティ」を目指しながら、
数多くの「世界初」「日本初」を世の中に送り出してきました。
それは製品、技術はもとより、アイディア、サービスまで幅広い分野に及びます。

img
img

服部時計店 創業

1872(明治5)年、日本の時刻制度が変更されました。それまで約300年作られてきた和時計は無用の長物とされ、国内の時計産業は大きな転換期を迎えました。当時、国内の少数のメーカーが欧米の時計をモデルに小規模な製造を開始しましたが、旺盛な時計需要には追いつかず、海外からの輸入に頼らざるを得ませんでした。
そのような時代背景の中、1881(明治14)年、服部金太郎は輸入時計の販売と時計修理を目的として服部時計店(現セイコーホールディングス)を創業しました。

img

自社での時計製造に挑戦

精工舎 設立

「精巧な時計を作る」という強い覚悟を会社名に込め、現在の東京都墨田区に精工舎を設立し、掛け時計の製造を開始しました。掛時計の製造・加工・組立を行うだけでなく、部品も専属の協力工場から仕入れ、自社内で全てを一貫製造する方法を他社に先駆けて導入したことにより、国産他社に比べて高品質かつ速い開発が可能となりました。その結果、精工舎は僅か6〜7年のうちに日本一の掛時計量産工場に成長しました。

img

国産初
腕時計「ローレル」発売

大正初期、日本には腕時計はわずかしか輸入されておらず、まだ懐中時計が主流の時代でした。しかし、やがて来るであろう腕時計の時代に備え、セイコーは腕時計の試作・研究を続けました。そして、1913年、国産初となる腕時計「ローレル」を完成させました。

img

日本初
カメラ用シャッタを製造

時計の開発・製造で培われた超精密加工技術を生かし、日本初のカメラ用シャッタの製造を開始しました。セイコーの技術の時計以外への広がりは、ここからスタートしました。

img

和光の時計塔(和光本館)竣工

1932(昭和7)年、ネオ・ルネッサンス様式の建物と調和した「世界にふたつとない」時計塔が銀座四丁目に誕生しました。当時から変わらぬ姿で現在も銀座の街を見守っている和光の時計塔(2代目時計塔)ですが、振り子式からクオーツ、電波修正、GPSによる時刻修正へと、時代とともに正確さも究めてきました。
現在はセイコータイムシステム株式会社が時計塔の管理や点検を行っています。

img

最高の製品を最高の接客で

和光 設立

img

日本初
テレビコマーシャル放映

日本初の民放テレビコマーシャルとして1953年(昭和28年)に時報CMを放送しました。
本来は正午に放送されるはずでしたが、フィルムが裏返しに掛けられてしまったためにわずか3秒で中止されるというハプニングがあり、同日夜7時に第2号CMとして放映されました。

img

信頼に応える
確かなメンテナンス

セイコーサービスセンター
設立

img

東京オリンピックの公式計時を担当

1964年(昭和39年)の東京オリンピックで公式計時を担当しました。クオーツ技術をはじめとする当時の最先端技術を搭載した計時機器の開発により、オリンピック史上初めてとなる「計時クレームゼロ」を達成し、公式計時の世界に大きな革命を起こしました。そして、SEIKOブランドが広く世界に認知され、“先進・高品質”のイメージが定着しました。

img

世界初
クオーツウオッチ
「クオーツアストロン」発売

1969年(昭和44年)に世界初のクオーツ式腕時計「クオーツ アストロン」を発売しました。従来の腕時計に比べ格段に精度が向上したことに加え、金無垢製で45万円という中型自動車並みの価格で販売されたことで、世界を驚かせました。
更に、特許権利化したこの技術をセイコーが公開したことにより、各社がこの方式にならい、クオーツ式腕時計は世界中に普及していきました。

img

世界初
外食産業用
オーダリングシステム開発

手書き注文の世界に革命を起こしたのが1985年(昭和60年)に発売された外食産業用オーダリングシステムです。このシステムを経由した注文情報は直接厨房に伝わり、注文ミスを大幅に減少させることを可能にしました。

img

IAAF世界陸上ローマの公式計時

1985年以来、セイコーは国際陸上競技連盟(IAAF)の主催する150以上の競技大会において公式計時を務めてきました。そのなかでも最大の規模と人気を誇る世界陸上競技選手権では、1987年のローマ大会以降連続で公式計時を担当し、トップアスリート達の熱い戦いの記録を、世界に発信し続けています。

img

計時技術を広く社会に

セイコータイムシステム
設立

img

挑戦し続ける
クロックのトータルカンパニー

セイコークロック 設立

img

世界初
スプリングドライブウオッチ発売

20年の歳月をかけて、ぜんまいを動力源とし、クオーツ技術で時計の精度を管理する「スプリングドライブ」の開発に世界で初めて成功しました。従来の機械式とクオーツ式を融合させた独自の機構は、第3のエンジンと呼ばれています。

img

日本初
無線カード決済サービス
「クレピコ」開始

1999年に日本で初めて開発された無線カード決済サービス「クレピコ」により、それまで現金しか利用できなかったタクシーなどでも、クレジットカードでの支払いが可能になりました。タクシーメーター連動型カード決済端末は、都内のタクシー搭載率No.1を誇っています。現在では、公共料金の集金から各種店舗での電子マネー決済まで、利用範囲が拡大されています。

img

伝統と革新技術の融合

セイコーウオッチ
営業開始

img

第1回東京マラソンで公式計時担当

日本国内の大都市で行われる市民参加型マラソンの先駆けとされる東京マラソン。セイコーは2007年の第1回大会から連続して、公式計時を担当しています。

img

「匠・小・省」技術の進化で
新たな価値を提供

セイコーインスツル
経営統合

img

世界初
GPSソーラーウオッチ
「セイコーアストロン」発売

世界中どこにいてもGPS衛星からのシグナルを素早くキャッチし、そのタイムゾーンの正確な時刻を刻む腕時計。それが世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」です。ソーラー発電によって駆動する究極の実用機能を備え、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売したクオーツ式腕時計に次ぐ第二の革命とも言える腕時計です。

img

革新的なソリューションで
ビジネスモデルの変革を支援

セイコーソリューションズ
設立

株式会社 和光

銀座の真ん中、四丁目の交差点に館を構え、時計塔で皆様に親しまれている⑭和光では、時計をはじめ、宝飾品、紳士・婦人用品、室内装飾品、食品など、お客さまの声を取り入れて独自に企画・開発した、あるいは国内外から厳しい目で選び抜いた、高い品質を誇る商品を幅広く取り揃え、質の高いサービスを提供しています。これからも、長い歴史と伝統のなかで培ってきた上質へのこだわりとおもてなしの精神で、お客さまとの信頼関係を大切にしていきます。

セイコーサービスセンター株式会社

セイコーサービスセンターは、腕時計のアフターサービスを行っています。お客様からお預かりした腕時計について、高度な修理技術と最新設備で対応し、的確・迅速・高品質な修理サービスを提供しています。また、市場における品質情報を分析・解析し、製造・販売サイドへフィードバックすることで、製品の品質維持・向上に努めています。修理サービスの他に、販売店様へ向けたウオッチ用SEIKO純正部品、時計用電池、市販バンドなどの販売も行っています。

セイコータイムシステム株式会社

セイコータイムシステムは、学校・病院などの公共施設で使われる設備時計、街を彩るからくり時計、放送局用時計などの専門的な時計から、10,000分の1秒まで計測可能なスポーツ計時計測機器、野球場スコアボード、デジタルサイネージ、ファクトリーオートメーションを実現する自動化装置等の企画・開発から製造・販売、アフターサービスにいたるまで総合的に行っています。また、世界陸上などの国際大会で培われた豊富な経験とノウハウ、高度な技術力をベースに、各種スポーツ大会のオフィシャルタイマーも務めています。

セイコークロック株式会社

セイコークロックは、企画・製造から販売・アフターサービスまでを行うクロックのトータルカンパニーです。1892年に掛時計の製造を開始してから今に至るまで、高い品質とモノづくりの技、先進技術の融合により、幅広い商品ラインアップを誇ります。

セイコーウオッチ株式会社

セイコーウオッチは、腕時計製品の商品企画・デザイン・広報宣伝・小売店向けの営業や販売促進・アフターサービスまで、一貫したマーケティング活動を行っています。1913年に国産初の腕時計を発売して以降、日本初・世界初の製品を数多く発表し、信頼と実績を重ねてきました。老若男女あらゆるニーズに応えられる幅広い製品ラインアップを誇り、グローバルに事業展開しています。

セイコーインスツル株式会社

セイコーインスツルは、高級機械式時計の設計から部品加工・組立・調整までの一貫製造、クオーツムーブメントの開発・製造を行っています。また、時計製造や開発から生まれた精密かつ確かな技術で、電子デバイス・プリンター・メカトロ製品など、さまざまな電子機器に搭載されるデバイスと精密加工部品を展開しています。

セイコーソリューションズ株式会社

セイコーソリューションズは、ハードウエアからソフトウエア、さらにはITシステムから性能管理まで、幅広い事業領域を手掛けています。
AI, IoT時代を迎え複合化・多様化するお客さまのニーズに対して、コンサルテーションから運用管理まで、ワンストップで最適なICTソリューションを提供しています。

PAGE TOP