• facebook
  • twitter
  • hatebu
  • poket
  • instagram

2019年、東京マラソンにエントリーし参加費を支払い、あのコースを駆け抜けた出場者たち……。いわば主役とも言えるランナーたちの陰で、タイマーを管理するセイコー(SEIKO)の『タイミングチーム』が活躍していたことをご存知でしたか? 彼らに密着して、東京マラソンの裏側をレポートします!

こんにちは、ライターのみくのしんです。ジモコロでは森羅万象、さまざまな職業を実際に体験してレポートする、一日職業体験シリーズを書いております。

例えば―

冷蔵庫で黄色いカゴを運ぶみくのしん 写真

冷凍倉庫での作業や……

とんかつ屋での調理中のみくのしん 写真

とんかつ屋での調理バイトなどです。

さてさて、第9回となる今回は、一体何を体験するのカナ?

 

 

東京マラソン 走り出す人々 写真

ズドドドド……

 

東京マラソン 走り出す人々(寄り) 写真

ドドドドド……!!!

 

東京マラソンの裏側 セイコータイミングチーム 写真

※セイコーは東京マラソン2019のオフィシャルタイマーです

今回は、東京マラソンを影で支えるセイコータイミングチームのお仕事を体験します! 冷凍倉庫やとんかつ屋から、急にマラソンの大会……? そんな文脈ある?

っていうか、

タイミングチームってなんぞやー!?

塚田さん 写真

「タイミングチームというのはですね……」

みくのしん 写真

「誰!?」

塚田さん 写真

「はじめまして。セイコーホールディングス株式会社の塚田です。タイミングチームというのは、陸上競技や水泳など、さまざまなスポーツの試合でタイムを計るという、大事な役割を担うメンバーの事です!」

みくのしん 写真

「セイコーって時計を作ってるだけじゃなくて……その技術をスポーツの大会などに使用しているんですね」

塚田さん 写真

「その通りです。ほら、この写真をご覧ください」

セイコー製のタイマーが実際に東京マラソンで使われている様子 写真
セイコー製のタイマーが実際に東京マラソンで使われている様子(寄り) 写真
みくのしん 写真

「セイコー製のタイマー!!!」

塚田さん 写真

「セイコータイミングチームは、このように国内外問わず、巨大なスポーツの大会を、影で支えているチームです。今回、みくのしんさんには東京マラソンで、タイミングチームとしてのお仕事を体験していただきます」

みくのしん 写真

「体験取材で、いきなりそんな国際的な大会を手伝うの、めちゃめちゃ緊張するな……それで、当日は何時集合でしょうか?」

塚田さん 写真

「いえ、準備がありますので前日の朝から2日間のお手伝いになります

みくのしん 写真

「2日間!?」

東京マラソン本番まで 残り、1日と15時間… 画像

東京マラソン前日|始業開始からお昼休みまで

都庁前 写真

と言うわけで、今日は3月2日。東京マラソン前日の朝9時半です。明日の東京マラソンは都庁前からスタートします

塚田さん 写真

「おはようございます。まずはこちらのウェアに着替えてください」

みくのしん 写真

「これは……!」

セイコーのスタッフウェアを持つみくのしん 写真

といって手渡されたのは、セイコーのスタッフウェア。背中の「SEIKO」文字がキマってるゥ~!

セイコーのスタッフウェアを着るみくのしん 写真

どうですかこれ~!? かっこいい~! 普通に販売してくれ~!

塚田さん 写真

「では、そろそろ車が来たので、早速作業のほうよろしくおねがいします!」

みくのしん 写真

「車?」

駐車場に現れる赤い車 写真

ブゥウ〜ン……

「計時車」書かれた車でいっぱいになる駐車場 写真

続々と車が入ってきて、巨大な駐車場はみるみる「計時車」と書かれた車でいっぱいに……

「計時車」書かれた車の前に立つみくのしん 写真
みくのしん 写真

「この大量の車は…?」

塚田さん 写真

「コレは明日の東京マラソンで活躍する『計時車』です。ランナーが走ってる最中にタイムを確認するための大きな時計(タイマー)がありまして。それを5km間隔で設置するんですが……」

みくのしん 写真

「え、マラソンって42.195kmあるから、最低でも8個か9個必要ってこと?」

塚田さん 写真

「はい。大きな時計をひとつひとつ現場に持っていって、その場で設置作業をすると、時間も手間もかかってしまいますよね? そこで、車の屋根に時計を乗せて現場に駐車することで……いわば車が時計の設置台になるわけですね」

みくのしん 写真

「なるほど……。でも今のところ、屋根の上には時計なんか乗ってませんけど」

塚田さん 写真

「今から取り付けるので、その作業をみくのしんさんに手伝ってもらいます。タイマーは特注品なので、取扱いには気をつけてくださいね!」

黄色の大きなタイマーを2人で運ぶスタッフ 写真

ちょうどスタッフの方が移動させてました。これがタイマー。テレビでよく見るやつですね。結構重そう……?

内藤さん 写真

「ちなみにタイマーの重さは約33kgあります」

みくのしん 写真

「びっくりした! 突然だれですか!」

内藤さん 写真

「はじめまして。東京マラソンにおけるタイミングチームのリーダー、内藤です」

スタッフに指示を出す内藤さん 写真

タイミングチームはプロジェクト毎にリーダーが立てられます。東京マラソンのリーダーはこちらの内藤さん。よろしくお願いします!

内藤さん 写真

「では、みくのしんさんに手伝ってもらう箇所を説明していきますね」

みくのしん 写真

「わ、わかりました!」

タイマーを車にセットする準備をするスタッフ 写真
内藤さん 写真

「まず、タイマーを車にセットするための足を取り付けます」

みくのしん 写真

「ほうほう…」

タイマーを車の上にセットするスタッフ 写真
内藤さん 写真

「足が付いたら車の上に乗せるんですが……傷つけないように毛布を敷いてから乗せてください。あとはしっかりとボルトで固定したら完了です」

みくのしん 写真

「余裕じゃん! じゃあさっそくタイマーを運びますね」

タイマーを運ぶ、みくのしんとスタッフ 写真
みくのしん 写真

「…って重っ! あのー! ちゃんと力入れてますか!? 重い重い重い!」

内藤さん 写真

「33kgを二人で持つので、単純計算したらひとり16kg程度なんですけどね。どこかにぶつけたら“終わり”だと思うと、実際以上に重く感じちゃいますよね」

タイマーに足を取り付ける、みくのしんとスタッフ 写真
みくのしん 写真

「ここに足を取り付けるんですよね? コレはマジで簡単」

塚田さん 写真

「めっちゃ手際良いですね」

みくのしん 写真

楽勝~! で、車の屋根に毛布を敷いて、その上にタイマーを乗せ……乗せ……?」

タイマーを車の上にセットしようとする、みくのしんとスタッフ 動画
みくのしん 写真

重い重い重い重い重い!!

塚田さん 写真

「あ、ちなみにそのタイマーは特注品なので、車一台分くらいのお金がかかってます

タイマーを車の上にセットしようとする、みくのしんとスタッフ 動画
みくのしん 写真

「今その話する!?怖い怖い怖い怖い怖い!

塚田さん 写真

車だってもちろん高価なので気をつけてくださいね

みくのしん 写真

「今 言うなって!!!」

 

 

タイマーを車の上にセットするスタッフ 写真

 

呆然とするみくのしん 写真

結局、他のスタッフの人に手伝ってもらいました。あぁ、怖かった

みくのしん 写真

「このタイマーってやけにデカイんですけど、エネルギー源は車のバッテリー? 1.21ジゴワットくらいの電流じゃないと電力が足りないのでは?」

内藤さん 写真

「見てみます?」

タイマーの内部 写真

パカッ

みくのしん 写真

「え!?単一電池が8本!? こんなもんでいいの??」

塚田さん 写真

「良いリアクションですね。そうです。単一電池8本で動いています。これでつけっぱなしにして丸一日くらい動きます」

みくのしん 写真

「こんなに大きい液晶にデジタル表示するんだから、半日くらいで電池が切れるんじゃないかと心配しちゃった」

内藤さん 写真

「あ、このタイマーは液晶じゃないですよ? 数字もアナログです」

みくのしん 写真

「え?」

文字が現れるタイマー 動画
塚田さん 写真

「筒のようなものの前面が黄色、背面が黒で塗られていまして、それがくるっと回ることで数字を表示しているんです」

みくのしん 写真

「うわ!本当だ!普通にデジタルかと思っていました」

塚田さん 写真

液晶だと正面に近い角度じゃないと見にくいし、日差しによって視認性が変わってくるので、あえてアナログなんですよ」

みくのしん 写真

「なるほど~」

すべての車にタイマーをセットした状態 写真

すべての車にタイマーをセットした状態。圧巻!

内藤さん 写真

「本番はすべての時計が同期され、誤差なく時間が表示されます」

みくのしん 写真

「コンマ1秒すらズレちゃダメなんでしょうね。めちゃシビアだな……」

内藤さん 写真

「さて、スタート地点(新宿都庁付近)での作業は終わったんで、今度はフィニッシュ(ゴール)地点(東京駅付近)に移動しますね。その前に、そろそろお昼なので、ごはんを食べましょうか」

みくのしん 写真

「もうそんな時間なんですね!やったー!」

お昼休み

お昼はタイミングチームのみなさんと一緒にごはんを食べました。

せっかくだから色々聞いてみましょう!

お昼ごはんを食べるスタッフ 写真
内藤さん 写真

「午前中は意外と真面目にタイマーを取り付けてくれてましたね。ライターさんなので、もっとおもしろいことをしてくれるのかと思ってましたが」

みくのしん 写真

「それは言わないで」

内藤さん 写真

「いや、ちゃんと役立ってくれて助かりました」

みくのしん 写真

「タイミングチームって何人くらい在籍してるんですか?」

内藤さん 写真

「今日いない人を含めて10人くらいのメンバーでやってますね。コミュニケーションが一番大事なので、少人数で動いてるんです」

みくのしん 写真

「ということは、タイミングチームに入るのって、かなり狭き門なんですかね?」

塚田さん 写真

「他の部署に比べてテレビに露出することもありますし、世界陸上などで海外に行って仕事することもあるので、やりがいの面でもかなり人気の部署です」

みくのしん 写真

「では、ここにいる方は、みんなエリートって事か……」

内藤さん 写真

「意外と泥臭い仕事なので、エリートって感じではないですけどね~」

照れる内藤さん 写真
みくのしん 写真

「とか言いながらアニメのキャラみたいに照れるじゃないですか。ちなみに試合や大会が無い時はどんな仕事をしてるんですか? みんなで釣りとかしてます?」

内藤さん 写真

「仕事中に釣りはしません。試合がない時は、会社で企画や開発などをしていますが……正直、いつもどこかで大会があるので。暇な時ってあんまりないですね」

みくのしん 写真

「忙しいからもう辞めたいってことはないんですか?」

内藤さん 写真

「いえいえ、スポーツ史に永遠に残る記録に関われるこの仕事は、とてもやりがいがあって大好きです」

みくのしん 写真

「なんてちゃんとした人間だ……。僕なんて、毎日ただ漫然とポケモンGOをやってるだけなのに」

午後の仕事~(前日の)業務終了まで

東京駅 写真

午後からは東京マラソンのフィニッシュ地点、東京駅で作業します

東京駅の時計 写真

余談ですが、東京駅のこの時計、セイコー製だそうです。他にもテレビの時刻表示なんかもセイコーの仕事らしいです。すごっ

みくのしん 写真

「フィニッシュ地点といえば、東京マラソンを走りきった人しかたどり着けないエリアですよね。僕みたいなモンが何をするんですか?」

内藤さん 写真

「とりあえずセイコーテントに案内します。中にある機材の説明をしましょう」

セイコーテント 写真

これがセイコーのテント。ここでスタッフがさまざまな作業をします

重要そうな機械 写真

何やら重要そうな機械が……

“何か”が印字された紙を出す機械 写真

昔のSF映画のスーパーコンピューターみたいに、“何か”が印字された紙がジジジ……と出てきました

みくのしん 写真

「これ何ですか? “能力者”のエネルギーを分析中?」

内藤さん 写真

「違います。フィニッシュ地点やその他のタイマーを制御するためのものです。いわば東京マラソンにおけるタイミングチームの心臓ですね。これをお見せしたかったんです」

塚田さん 写真

「たくさんのタイマーを制御しているので、この機械が壊れると、タイミングチームにとっては本当に致命的なんです。万が一を考え、予備としてもう一台用意してます。それくらいものすごく大事な機械で……」

DJのものまねをするみくのしん 動画
みくのしん 写真

「トゥクトゥク!イェイイェイ!」

塚田さん 写真

「遊ばないで!」

巨大なタイマー『かまぼこ』 写真

というところで、一日目の業務終了ー! お疲れ様でーす!

ちなみにこの巨大なタイマー(車に乗せてたやつより遥かにデカい)は、通称『かまぼこ』と呼ばれています。

ランナーたちはこれを見てラストスパートをかけたりするそうです。家が一軒建つくらいの値段なんだって……すげっ

塚田さん 写真

「前日の準備はここで終了です。お疲れ様でした! では明日、朝5時に集合でお願いしますね」

みくのしん 写真

「はい! ……え、5時!? 朝の!?

東京マラソン本番まで、残り、15時間… 画像

東京マラソン本番当日はこちら

【後編】東京マラソンの裏側に潜入!セイコータイミングチームの仕事を体験した

  • facebook
  • twitter
  • hatebu
  • poket
  • instagram
みくのしん 写真

ライター
みくのしん

本名、高杉 未来之進(たかすぎ みくのしん)と申します。それ以外の特徴は1mmもありません。1990年生まれ東京育ち、将来は大きい声を出しても良い部屋に住むのが夢です。ご検討の程お願いします。

前の記事

次の記事

合わせて読みたい関連記事

心動かす時を共にSEIKO HEART BEAT Magazine

アスリートの熱意に共感し、 音楽の想いを共有し、企業は未来を紡いでいく。
心を動かす“ワクワク・ドキドキ”する物語

時代を牽引してきた技術力と感性は
熱い意志と躍動感を伝えます。