オフィシャルタイマーセイコー大阪マラソン2018応援サイト

EN

コース紹介
Map

大阪マラソンのコースは見どころもあり、変化があって楽しいコースです。比較的高低差も少ないので走りやすいコースではありますが、事前にきちんと練習して楽しく走りましょう。事前にコースを頭に入れて、できればどこをどのように走るかイメージしておくとよいです。各ポイントでの時間配分を決めて、ウオッチでタイムを確認しながら走ることをお勧めします。
制限時間は7時間です。1kmあたり9分でゆっくり進んでもゴールができますので、安心して楽しんでください。

内山雅博コーチのワンポイントアドバイス付
コースマップ

プロランニングコーチ内山雅博氏による、大阪マラソンのワンポイントアドバイスを掲載しています。
詳細はマップ上のボタンをクリック!関門情報も見られます。

内山雅博コーチ

内山雅博走運動研究所代表。
市民ランナー指導歴30年、ホノルルマラソン完走30回という経験から、「誰でもムリなく続けられる」内山式トレーニングを確立。
雑誌寄稿やランニングに関する著書多数。

凡例

» マップ内のアイコンをクリックして下さい

コースマップ

高低図

関門情報

関門 場所 距離 閉鎖時刻
マラソン チャレンジラン 車いす
5km 収容関門 堺筋日本橋1 交差点手前 5.3km 10:18 10:18 9:13
10km 収容関門 京阪東口交差点 10.5km 11:05 - 9:30
14km 収容関門 大阪市役所前 13.8km 11:35 - 9:41
20km 収容関門 大阪ドーム前北交差点 20.0km 12:30 - 10:02
22km 収容関門 湊町南交差点先 22.0km 12:48 - -
26km 収容関門 南開公園前 26.5km 13:29 - -
30km 収容関門 市立住吉第一中学校前 30.6km 14:06 - -
34km 収容関門 平林駅前交差点 34.2km 14:38 - 10:49
38km 収容関門 南港中央公園 野球場前 38.2km 15:14 - -
41km 収容関門 大阪府咲洲庁舎 北交差点手前 41.6km 15:57 - -

ランナー向けポイント

スタート→大阪城公園の周り

時間的に余裕をもってスタート地点に行きましょう。ブロックで分かれていて、分かりやすくなっています。ストレッチやピョンピョンと跳ねたりと体操をしてスタート時間まで過ごすとよいです。

5km過ぎまでコース内が非常に混雑しますので、ウォーミングアップのつもりでゆっくり走りましょう。

Go to Top マップへ戻る

淀屋橋→10km過ぎ

10km過ぎの折り返し地点で、走っているペースを確認しましょう。この辺りからランナー同士の間隔が開き始め、アップダウンもなく走りやすくなります。走りやすい分、オーバーペースになりやすいので普段走り慣れたペースをしっかり守ることが大切です。

Go to Top マップへ戻る

中間地点

前半、後半に分けてコースを配分し、ウオッチでタイムを確認するとよいです。前半は、大阪の街を楽しむくらいの余裕をもって、後半はリズムを崩さずに走ることがポイントになります。

Go to Top マップへ戻る

30km地点付近

この辺りで足に疲れが出始めますが、ここが頑張りどころです。長くまっすぐな道はリズミカルに走り、この先の南港大橋に向けて力を温存しましょう。

Go to Top マップへ戻る

35km過ぎ→南港大橋

疲れ切った足には堪える高低差があります。苦しいところでもなるべく歩かず走ると、ゴールの達成感が格段と変わります。ここからが大阪マラソンの総仕上げです。

Go to Top マップへ戻る

フィニッシュ→フィニッシュ後

感動のフィニッシュが迎えられますように。帰り道は交通規制などで混み合い、汗で身体を冷やすこともあるので、帰り道用のウインドブレーカーを用意しておくといいでしょう。

Go to Top マップへ戻る

その他のポイント

大会前日

大会当日を最高のコンディションで迎えるために、睡眠と食事はしっかりとりましょう。特に、大会前夜に炭水化物を摂ると大会当日のエネルギーになります。

給水・給食

レース中は給水と給食をきちんと取りましょう。暑い場合、10km走ると1リットルの汗が出ます。定期的に給水を取りながら、15km過ぎから20~30分おきに高カロリーのものや、塩分も少しずつ補給しましょう。

ウェア

ウェアは寒い日用と暑い日用の2パターンを用意しておくとよいです。13~14℃がマラソンに調度良い気温とされていますので判断基準にしてください。寒い日は、35kmを過ぎると海沿いになり、風が強く吹き付ける可能性があります。ハーフタイツを履くなど、防寒対策も考えておいた方がよいでしょう。暑い日は、タイムを狙うのは厳しくなりますので、配分を考え直して、水分補給に注意して走りましょう。
雨の日はスタートまで雨がっぱを着て、走り始めると沿道に捨てるランナーがいますが、捨てた雨がっぱで足を滑らせて転ぶ人もいますので、捨てる場所には注意が必要です。ランナーのマナーを守りましょう。

トイレ事情

大阪城公園内にも簡易トイレが用意されていますが、混み合いますので、宿泊ホテルなどで予めトイレは済ませて、スタートに臨みましょう。25kmを過ぎるとトイレは比較的空いてます。

Go to Top マップへ戻る