ここから本文です

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「社会に信頼される会社であること」を基本理念におき、法令の遵守、経営の透明性、公正性の確保、社会倫理の尊重を重要な経営課題と位置づけ、その実現に向けてコーポレートガバナンス体制の強化推進に取り組み、当社および当社グループの持続的な成長と企業価値向上を図っていきます。

(1)株主の権利・平等性の確保

当社は、株主総会における議決権をはじめとする株主の権利が実質的に確保されるよう必要な環境整備に努め、その権利行使が適切に行えるよう、必要な情報を的確に提供します。また、少数株主や外国人株主など、株主間の平等性の確保に配慮します。

(2)株主以外のステークホルダーとの適切な協働

当社が担う社会的責任は、当社グループの基本理念である「社会に信頼される会社であること」の実践を通じて、持続可能な社会の実現に貢献することであるとの認識のもと、株主の皆さまをはじめ、お客様、取引先、地域社会、社員等様々なステークホルダーとの適切な協働に努めます。

(3)適切な情報開示と透明性の確保

当社は、株主の皆さまをはじめとする、様々なステークホルダーから適切な評価を得るため、また、株主の皆さまとの建設的な対話を行うため、法令に基づく適切な開示を行うことはもとより、それ以外の情報についても適時適切な開示に努めるとともに、その開示情報が利用する皆さまにとってわかりやすく、有用性が高いものとなるよう努めます。

(4)取締役会の責務

当社の取締役会は、自由闊達で建設的な議論・意見交換を行い、会社の持続的な成長や中長期的な企業価値向上のため、事業戦略等の経営に関する重要事項の決定、経営陣幹部の迅速・果断な意思決定を支援するための環境整備、経営監督機能の充実等、その役割・責務を適切に果たします。

(5)株主との対話

当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、「株主との建設的な対話に関する基本方針」に基づき、株主との建設的な対話を促進します。

取締役会の実効性についての分析・評価

当社は、「コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方」に基づき、コーポレートガバナンス体制の強化推進の一環として、取締役会の実効性に関する評価を実施いたしました。評価結果の概要は以下のとおりです。

株主との建設的な対話に関する基本方針

セイコーホールディングス株式会社(以下「当社」という)は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するよう、以下の方針に基づき、株主および投資家(以下「株主等」という)との建設的な対話を促進する。

  1. 1.当社は、代表取締役社長が、株主等との建設的な対話の実現に向けた取組みを統括し、IR担当役員および総務担当役員がこれを推進する。
  2. 2.株主等との建設的な対話を促進するため、IR担当部門および総務担当部門が中心となり、経理、広報担当部門ほか関連部門と定期的に情報共有を行う。
  3. 3.株主等との対話の手段として、日常的なミーティング対応に加え、以下の取組みを実施し、対話の充実に努める。
    • 当社は、株主総会を株主との重要な対話の場と位置付け、株主総会招集通知でのわかりやすい情報開示とともに、当日の総会の場での株主からの質問に対する丁寧な説明に努める。
    • 中期経営計画およびその進捗や、決算や事業の状況に関する説明会等を開催するほか、証券会社主催のIRカンファレンスへの参加等を行う。
    • 当社ホームページ、株主総会招集通知および年次報告書等による情報提供の充実を図る。
  4. 4.IR担当部門および総務担当部門は、対話によって得られた意見や評価、質問等を定期的に経営会議体で報告し、客観的な評価や課題認識を経営幹部間で共有する。
  5. 5.株主等との対話に際しては、当社のインサイダー取引防止管理規則に従いインサイダー情報を適切に管理するとともに、IRポリシーに基づき公平な情報開示を行う。

Get ADOBE READER

PDFをご覧頂くには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader® のダウンロードはこちらから(無償)