時代とハートを動かす Seiko セイコーホールディングス株式会社

グループについて

事業・製品

株主・投資家情報

CSR

スポーツと音楽

HEART BEAT MAGAGINE

採用情報

お問い合わせ

コーポレートガバナンス体制の強化

セイコーホールディングス(株)は、「社会に信頼される会社であること」を基本理念におき、法令の遵守、経営の透明性、公正性の確保、社会倫理の尊重を重要な経営課題と位置づけ、その実現に向けてコーポレートガバナンス体制の強化推進に取り組み、当社および当社グループの持続的な成長と企業価値向上を図っていきます。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

セイコーホールディングス(株)では、2015年6月に適用開始となったコーポレートガバナンス・コードへの対応を軸に、当社のコーポレートガバナンス体制の強化に取り組むとともに、その具体的な指針として、新たに「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を制定しています。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

※株主・投資家情報へ遷移いたします。

コーポレートガバナンス体制

セイコーホールディングス(株)は、持株会社として事業ごとの経営責任を明確化し、経営判断の迅速化および業務執行機能の向上ならびに経営監督機能の強化を図る組織体制を整備しています。

コーポレートガバナンス体制

※株主・投資家情報へ遷移いたします。

コーポレートガバナンス・コードへの対応

コーポレートガバナンス・コードの各原則に基づく開示については、以下をご覧ください。

コーポレート・ガバナンス報告書

1. コーポレートガバナンス委員会の設置

役員候補者の指名および役員報酬に係る決定プロセスの客観性と透明性を確保するため、取締役会の諮問機関として、社外役員が構成員の過半数を占めるコーポレートガバナンス委員会を設置しています。
役員候補者の指名および取締役報酬制度の内容は、同委員会の審議を経て取締役会にて決定しています。

2. 取締役に対する業績連動報酬制度の導入

業績および株式価値との連動性をより明確にし、当社の持続的な成長と企業価値の向上に貢献する意識を高めるため、業務執行取締役を対象とした、業績連動賞与制度および業績連動型株式報酬制度を導入しています。

3. 取締役会の実効性についての分析・評価の実施

コーポレートガバナンス体制の強化推進の一環として、取締役会の実効性に関する評価を毎年実施し、結果の概要を開示しています。評価結果に基づき、社外役員に対する情報提供の充実や社外役員同士あるいは社外取締役と監査役のコミュニケーションの強化に取り組んでいます。

取締役会の実効性に関する評価結果の概要について[76KB]

本サイトでは、クッキーを利用しています。
詳細は、右記をご覧ください。プライバシーポリシー