ここから本文です

Seiko presents
Sound Inn “S”(サウンド・イン “S”)

番組紹介


BS-TBS
毎月第3土曜日
23:00~23:30

Sound Inn ”S” は、毎回話題のアーチストを迎え、
日本トップレベルのサウンドメーカーたちが創るスペシャルアレンジで、思い入れある曲をお届けします。
楽曲を盛り立てるのは超一流のミュージシャンたち。 
リハーサルと打ち合わせでサウンドを紡いでいく様子も番組の魅力です。
「時を超えた、ここでしか聴くことの出来ないサウンド」をご堪能ください。

11月のSound Inn “S”は

ゲスト

渡辺美里

放送日時

11月17日(土) 23:00~23:30


ゲストプロフィール / 紹介

1985年デビュー。翌年「My Revolution」がチャート1位となり、同年8月、女性ソロシンガーとして日本初となるスタジアム公演を西武スタジアムにて成功させる。以降20年連続公演という前人未到の記録を達成し、渡辺美里の活動の中でも代名詞的な存在となる。
2005年西武スタジアムに終止符を打った翌年、2006年からは、毎年「美里祭り」と題して様々な都市でLIVEを開催。
渡辺美里の活動は音楽だけにとどまらず、ラジオのパーソナリティー、ナレーション、2012年、2014年はミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」で不思議の国を支配する『ハートの女王』を演じるなど、様々な分野にチャレンジし続けている。
そしてデビュー30周年を迎えた2015年は、19枚目のオリジナルアルバム『オーディナリー・ライフ』を携えて、5月から47都道府県で「美里祭り」を開催。
2016年1月9日には30周年の集大成と31年目のスタートとして、
横浜アリーナでの公演を大成功させる。
2018年6月29日より全国ツアーを開催。
数多くのヒット曲と代表曲を持つ、名実ともに日本を代表する女性ヴォーカリストである。

放送予定・放送記録

放送日時

アーティスト名

内容

2018年10月20日(土)

鈴木愛理

今年ソロデビューして、アイドルからアーティストへと生まれ変わった鈴木愛理さん。
まずはソロアルバムから「start again」。島田昌典が’70年代ロック・サウンドにアレンジしました。
続いて、絢香さんの「三日月」を本間昭光のアレンジのもと、圧倒的な歌唱力で披露。
また、本人が作詞・作曲した「私の右側」を齊藤ネコが「かわいさ」を意識したサウンドに仕上げました。

2018年9月15日(土)

岩崎宏美

瑞々しい歌声と、圧倒的な歌唱力で人々を魅了してきた岩崎宏美さん。1曲目は、代表曲「思秋期」。アレンジは服部克久さん。現代の「思秋期」を作り上げてくれました。続いて、ディズニー映画「美女と野獣」から、独唱での「美女と野獣テーマ曲」を、斎藤ネコさんのアレンジで情感たっぷりに披露します。ニューアルバムのリード曲「残したい花について」は、素敵なピアノの旋律を奏でる坂本昌之さんのアレンジでご堪能ください。

2018年8月18日(土)

濱田めぐみ

ミュージカル女優の濱田めぐみさん。劇団四季時代には「ライオンキング」「ウィキッド」などの名作でヒロインを演じ、現在も数々のミュージカルでヒロインを務めています。まずお届けするのは、エディット・ピアフの「愛の讃歌」。続いて「コーラスライン」より、「What I Did For Love」。ラストはちあきなおみの「黄昏のビギン」をカバー。たぐい稀なる才能を持つ歌声をご堪能下さい。