野球選手
大谷翔平時問時答

音声で聴く 音声で聴く

いつでも、どこでも、野球を観ている。

シーズンオフは、どのように1日を過ごしていますか?

朝 7 時くらいに起きて、ご飯食べて、9 時くらいに出て。9時からやる日もありますし、10 時からやる日もあるので。大体そのくらいに動き始めて。早い日2時とかですかね、あとは3時ぐらい。2時、3時くらいに帰ってきて、お昼食べて。ちょっと寝て。ご飯食べて、夜ご飯食べて、ゆっくりして、寝るっていう。毎日その繰り返しですね。

休日は何をしていますか?

オフはこれ(撮影)してますね。「今日はオフ」みたいな。身体を動かさない日、ってことです。

家ではどのような過ごし方をしていますか?

映像はよく観ます。もうずっと昔から。連続写真とか例えば、ネットにも載ってますし。それが、一番自分のコーチみたいな。やっぱり、そこから教えてもらえることの方が多いので。観たことない選手の投げ方もあるし、Youtube なんてあったらね、もう、ブルペン画像とかもあるので。プロの人の。それだけでも勉強になるかなとは思いますけどね。携帯なんかでも観れますし。

ご自分のプレー動画はご覧になりますか?

大谷翔平

自分のはあんまり観ないですかね。人のをメインに見る。趣味みたいな。自分のは、iPad に飛んでくるっていうか、送ってもらったりするので。データの人から。そういうので観たりはしますけど、そういう暇な時に見るのは……、いろんな違う選手の方が多いかなとは思いますね。全然気楽に観ています。お風呂に入りながらとか、それこそ、ベッドに寝っ転がりながらとか。ラフな感じで。全然勉強しようなんて想いで観てないですし。なんとなく観てるっていう。

家族の作り置きがある数日間。

野球の映像以外に、よく観るものはありますか?

ご飯食べながら観るのは、バラエティとかの方がやっぱり気楽ですしね。そんな感じ。ラフに過ごしてます。

大谷さんにとって「やさしい時間」とは、どのような時間だと思いますか?

やさしい時間……。基本一人で、やっぱり毎日というか 1 年間ずっとこう過ごしてるので、自分で作りますし。自分で基本的には味気ないものを作って食べてるので、たまに母親とか姉とかが家に来てる時とか、僕が練習して家に来る時とか、作り置きとかしてくれる時あるので。何日間か食べれるように、やってくれたりとか。練習に帰ってたまにいるんですけど、なにかあると、やっぱりラクですし。そういうこともないので、一人だと。自分の時は、ほとんど調味料とかも使わないですし。もうほんとに、あるものというか、ある栄養素をこう食べる作業、みたいな感じなので。食事というより、補給してるという感覚に近いですね。

ご家族が作った料理を食べると「実家の味」を思い出しますか?

大谷翔平

そうっすね。ちっちゃい頃、ちっちゃい頃っていうか、僕は高校から寮なので、中学校までしかいなかったですけどね。当たり前のようにご飯が出てきてっていうのは、なかなか。しかも、僕も兄弟が二人いるので、家族だと5人分、毎日作ってってなるとやっぱりめんどくさいかなっていう。一人分くらいだったら、まあ全然いいですけどね。自分の分とかだったら。

一瞬で、何かを掴める時がある。

ご家族が作った料理を食べる時以外に、心が落ち着くのはどのような時ですか?

僕も一人暮らしなので、一人でゆっくりしてる時間くらいですかね。シーズン中はほとんど球場に、朝から晩までいるので。本当に帰ってきてゆっくりする時間って、一日のなかでもかなり少ないですけど。寝るまでの、帰ってきて寝るまでの、そういう時間かなとは思いますけどね。特にシーズン中はやっぱり、今日良かったな、悪かったな、って、やっぱり寝る前は思うと思うので。あと、1日いい1日だったなとは多分思いますけど。

寝る前には、今日1日を振り返りますか?

何もしないよりはそういう1日がこう続いていった方が、やっぱり絶対自分のためになりますし。次の朝に大体、次の日の試合のデータとか見ますけど。その日の反省みたいなのは、その日のうちにするので。その日の良かったこと、悪かったこと、明日はこれやろうかなとか、試してみようかなとか。

野球をやる中では、どのような瞬間が楽しいですか?

大谷翔平

コツみたいなものを掴む時って、やっぱりあるんですよね。その野球やってて。やってなくてもそうですけど。「これはこう」「いいんじゃないかな」っていう技術的な部分とかも、思いつく時とかがあるので。それは、次の日の練習になってみないとそれが良かったのか悪かったのかとかもわからないし、はたまたこう試合になってみないと、良かったのか悪かったのかっていうのがわからないので。それが一番、その思いついた時が、嬉しいですよね。

コツを掴む瞬間は、急にやってくるものなのでしょうか?

なんとなく、閃く時というか。地道な練習ももちろん大事なんですけど、そういうきっかけみたいなので、全然変わるっていうことは大いにあるので。変わる時は、一瞬でこう変わる時もありますし。そういう時なんかはやっぱり面白いので。それがいつ来るかはやっぱりわかんないですし、それが面白いなあとは思いますけどね。

やはり、野球のことを考えている時間が好きですか?

そうですね、それが趣味みたいな部分もありますしね。オフとかオンとかってあんまり考えてないので。

大谷翔平
(撮影:Ayumi Yamamoto)
MLB Major League Baseball trademarks and copyrights are used with permission of Major League Baseball. Visit MLB.com.
※本内容は音声でお聴きいただくことも可能です。文章では話の内容をよりわかりやすくするために言葉の調整や補足をした箇所があります。音声と文章、どちらもお楽しみいただければと思います。

シェアする

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatena
  • Pocket
  • Instagram

音声で聴く

話し手の語りをそのままに構成をした音声も
お楽しみください

  • Spotify
  • Apple Podcasts
  • Anchor
  • Google Podcasts
  • SoundCloud

※各ポッドキャストでは、その他の時問時答も
音声でお楽しみいただけます。

プロフィール

大谷翔平
大谷翔平 野球選手

MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。2013年にNPB・北海道日本ハムファイターズに入団以降、投手と打者を両立する「二刀流」の選手として試合に出場し、2014年には11勝、10本塁打でNPB史上初となる「2桁勝利・2桁本塁打」を達成。MLBでは2018年にアジア人史上4人目(日本人史上4人目)の新人王を受賞。2019年にはアジア人史上2人目(日本人史上初)のサイクルヒットを達成した。

    Copyright © 2021, SEIKO HOLDINGS CORPORATION