ここから本文です

第56回NHK杯体操 セイコー エクセレント賞を贈呈~最も精巧な演技を見せた選手を表彰~

2017年05月22日

セイコーホールディングス株式会社


田中佑典選手

村上茉愛選手

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長兼グループCEO:服部 真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、5月20日、21日に、東京体育館にて開催された第56回NHK杯体操において、「セイコー エクセレント賞」として田中佑典選手に<セイコー プレザージュ>のメカウオッチを、村上茉愛選手に<セイコー ルキア>のソーラー電波ウオッチをそれぞれ贈呈いたしました。

セイコーは、以前より公益財団法人 日本体操協会主催の体操競技主要大会の計時・リザルト(競技結果)処理に協力してまいりました。2015年度からは、同協会のオフィシャルサプライヤーとして、日本の体操競技をサポートしています。
更に昨年2016年度にはセイコー エクセレント賞を創設し、演技の完成度、できばえを示すEスコアの合計(*)が最も高い男女各選手を表彰しています。
セイコーは、ウオッチに代表される高品質なものづくりにおいて、部品一つ一つの精度を徹底的に追求し、それを卓越した技術と感性で組み上げていくことにより、より完璧に近い精度と機能美を追求しています。これは、完璧な演技に挑戦する体操選手の孤高の精神と相通ずるものがあります。
この賞には日々肉体と技術を鍛錬し、研ぎ澄まされた感性で、より完璧に近い精巧な演技を披露した選手を表彰したいという想いを込めています。

(*)体操の得点は、演技の難易度を示すDスコアと、演技の完成度を示すEスコアを合計して計算されます。


<セイコー プレザージュ>は、セイコーが開発した独自の技術により、日常で使いやすく安定した精度で長くご愛用いただける、日本製の自動巻ムーブメントを搭載した機械式時計シリーズです。SARW025は、国産初の腕時計「ローレル」の意匠を踏襲しており、歴史の重みと洗練を感じさせる上質なデザインとなっています。

<セイコー ルキア>は1995年に誕生して以来、女性のニーズをとらえたブランドとして、20代~30代の働く女性を中心に多くの女性から支持されています。最先端技術による高機能を搭載しながら、時代に合った心地よいデザインで、スマートに、前向きに、自分らしく毎日を送る女性の手元を彩り、その輝きを最大限に引き出します。

<セイコー プレザージュ>
SARW025
<セイコー ルキア>
SSQV022

<セイコー プレザージュ>の公式Webサイトアドレス
http://www.seiko-watch.co.jp/presage

<セイコー ルキア>の公式Webサイトアドレス
http://www.seiko-watch.co.jp/lukia/

報道関係の方からのお問い合わせ先:

セイコーホールディングス(株)広報室 TEL:03-3564-4078

SPORTS ただの数字じゃない TIME IS WHAT I AM.

セイコーは、陸上、水泳、サッカーなど、さまざまな競技の協賛を行い、世界中で感動の瞬間をサポートしています。

Feel Seiko : SPORTS