ここから本文です

セイコーが Seiko Summer Jazz Camp 2017 に特別協賛

2017年03月14日

セイコーホールディングス株式会社

セイコーホールディングス株式会社(代表取締役会長 兼 グループCEO:服部 真二、本社:東京都中央区、以下「セイコー」)は、8月23日(水)から26日(土)まで尚美ミュージックカレッジ専門学校(東京都・文京区)で開催される「Seiko Summer Jazz Camp 2017」(以下、キャンプ)に特別協賛します。


▲Seiko Summer Jazz Camp 2016 ガラコンサートより
当キャンプは2016年8月に初めて開催し、参加者から好評をいただきました。2回目を迎える今回も、講師にはアメリカ・ニューヨークで人気を誇る実力派ミュージシャンを迎えます。昨年に続き、New Century Jazz Quintetのメンバー(ユリシス・オーエンス・JR/大林武司/中村恭士/ティム・グリーン/ベニー・ベナック)やマイケル・ディーズに加えて、今年は新たにヴォーカル講師シェネル・ジョンズ、ギター講師 ヨタム・シルバースタインが加わります。さらに、チェアマンには音楽家の前田憲男、特別顧問として守屋純子を迎えます。将来ジャズ・ミュージシャンを目指す日本の若者にジャズの演奏技術と理論、楽しみ方などを指導する4日間。パート練習、スモールコンボ、ビックバンドなどの演奏を通してジャズの基本を学びます。
キャンプへの参加料は無料です。また、最終日8月26日(土)には公開でガラコンサートを行い、生徒の4日間の成果を演奏で披露していただきます。併せて、セイコー賞として最優秀賞1名、優秀賞2名の表彰式も行い、表彰状と副賞として時計が授与されます。

1回目に参加した生徒からは、「素晴らしい講師の音楽を聴くだけでたいへん勉強になるのに、さらに熱心な指導まで受けることができた。」「ジャズを頑張るレベルの高い仲間もでき、今後もジャズを楽しく学んでいきたい」等のコメントが寄せられています。

セイコーは今後も音楽を通したCSR活動の一環として、日本の音楽界を担う若者の育成に取り組んでまいります。


▲Seiko Summer Jazz Camp 2016 練習風景

【講師紹介】


チェアマン 前田憲男

特別顧問/Piano/編曲 守屋純子


ユリシス・オーエンス・JR(Drums)

大林武司(Piano)

中村恭士(Bass)


ティム・グリーン(Sax)

ベニー・ベナック(Trumpet)

マイケル・ディーズ(Trombone)
シェネル・ジョンズ(Vocal)
ヨタム・シルバースタイン(Guitar)


Seiko Summer Jazz Camp 2017の概要

◇募集楽器
 ピアノ、ベース、ドラムス、ギター、トランペット、トロンボーン、サックス(アルト、テナー、バリトン)、ヴォーカル

◇応募資格
 日本に居住する16歳~25歳までの男女。これまでに自己のリーダーアルバムなどをリリースした経験やプロとしての活動経験のある方は除きます。

◇募集人数
 各パート5名(予定)

◇応募方法
 Webと郵送の2通りあります。
 詳細は以下お問合わせサイトをご確認ください。
 http://www.s-summerjazzcamp.jp
 http://www.s-summerjazzcamp.jp/guideline

◇お問合わせ
 Seiko Summer Jazz Camp 2017 事務局
 http://www.s-summerjazzcamp.jp/contact

◇発表
 選考の結果は6月初旬に本人にメールにてご連絡いたします。
 尚、応募者の個人情報は個人情報保護法により適切な取り扱いをいたします。

報道関係の方からのお問い合わせ先:

セイコーホールディングス(株)広報室 TEL:03-3564-4078