ここから本文です

セイコーミュージアムに最先端のバーチャル・リアリティ(VR)デバイスを導入~グランドセイコーが誇る精緻なウオッチムーブメントの世界を体感!~

2016年08月02日

セイコーホールディングス株式会社

 セイコーホールディングス株式会社(代表取締役社長:中村 吉伸、本社:東京都中央区 以下「セイコー」)は、2016年8月10日(水)よりセイコーミュージアム館内の常設展示として、簡単な操作でバーチャル・リアリティ(VR)体験のできる最先端のデバイス(「zSpace※1」「zView※2」)を導入し、グランドセイコーの3つのムーブメントのしくみをわかりやすくご紹介します。
 そして、館内のグランドセイコー展示コーナーを拡張し、10振動メカニカルウオッチを実現する動力ぜんまい、ひげぜんまいなど、重要部品等の展示を行います。

 セイコーのフラッグシップブランドであるグランドセイコーには、一般的なメカニカルよりも振動数を高めた「10振動メカニカル」、1年使用しても誤差がわずか±10秒という「年差クオーツ」、そして機械式時計とクオーツ式時計のメカニズムを融合した世界唯一の機構「スプリングドライブ」の専用設計版といった、特別なムーブメントが搭載されています。
 本展示を通じて、究極の高精度を目指して磨き上げられた精緻で複雑なムーブメントの世界を、来館者ご自身の操作によって楽しく理解し、体感いただけます。


▲スタート画面

※1zSpace(ジースペース)は、米国zSpace社が開発した最先端のVRデバイスです。24インチの立体視ディスプレーと3Dメガネによって、まるで本物のウオッチムーブメントのような鮮明な3D画像が出現します。この画像を、タッチペンを用いて拡大・回転させたり、動力の伝達スピードを変えたりすることで、お子様からご年配の方まで、優れた機構のしくみを直感的に楽しく理解していただけます。

※2また、隣接した50インチのワイドスクリーンzView(ジービュー)では、3Dメガネをかけることなく、操作している様子が立体的にご覧いただけます。

サンプル動画は以下URLからご覧ください
https://youtu.be/p0dpzED2SP8

 
 セイコーミュージアムは、時計の進化の歴史やセイコーの創業当時からの歴史的な製品をはじめとする「時と時計」を研究・展示する施設として、またセイコーブランドの情報発信基地として、多くの方々にお楽しみいただいています。ぜひご来館ください。

【セイコーミュージアム 概要】

場所  :  東京都墨田区東向島3-9-7
電話  :  03-3610-6248
開館時間:  10:00 ~ 16:00(入場受付は15:00まで)
休館日 :  月曜、祝日、年末年始
入館料 :  無料

※来館にあたっては、ご予約をお願いします。
http://museum.seiko.co.jp

この件に関するプレス関係の方からのお問い合わせ先:

セイコーホールディングス(株)広報室

TEL:03-3564-4078 FAX:03-3564-5384

紙誌面掲載時の一般のお客様からのお問い合わせ先:

セイコーミュージアム

TEL:03-3610-6248 FAX:03-3610-6256