ここから本文です

沿革

1881(明治14) 創業
1892(明治25) 精工舎設立 掛時計の製造開始・・・1
1895(明治28) 懐中時計の製造開始
1913(大正 2) 国産初 腕時計「ローレル」発売・・・2
1924(大正13) 時計類の名称としてSEIKOを使い始める
1930(昭和 5) 日本初のカメラ用シャッタの製造・・・3
1932(昭和 7) 現在の銀座四丁目時計塔(和光本館)竣工
1949(昭和24) 東京証券取引所上場
1953(昭和28) 日本初のテレビコマーシャル放映・・・4
1960(昭和35) 世界最高水準精度の「グランドセイコー」発売・・・5
1964(昭和39) 東京オリンピック公式計時・・・6
以降5大会で計時担当
(札幌、バルセロナ、リレハンメル、長野、ソルトレーク)
1968(昭和43) 国産初のデスクトップコンピュータ発売
1968(昭和43) 世界初の家庭用クオーツ掛時計発売
1969(昭和44) 世界初のクオーツウオッチ「クオーツアストロン」発売・・・7
1970(昭和45) 大阪万博で世界初の無線式電波時計を設置・・・8
1973(昭和48) 世界初 6桁表示デジタルウオッチ発売
1975(昭和50) 国産初の眼鏡プラスチックレンズ発売
1981(昭和56) セイコー時計資料館(現セイコーミュージアム)を開設
1982(昭和57) 世界初のテレビウオッチ発売・・・9
1984(昭和59) 音声時計「ピラミッドトーク」発売・・・10
1984(昭和59) 日本初の大型からくり時計「マリオンクロック」設置
1985(昭和60) 世界初の外食産業用オーダリングシステム開発・・・11
1986(昭和61) 水晶発振モジュール用IC発売
1987(昭和62) IAAF世界陸上ローマの公式計時 以降継続して計時担当・・・12
1988(昭和63) 世界初 自動巻き発電クオーツ キネティック発売
1997(平成 9) 世界初の“内面累進”遠近両用レンズ発売
1999(平成11) 世界初のスプリングドライブウオッチ発売・・・13
1999(平成11) 日本初の無線カード決済サービス「クレピコ」開始・・・14
2004(平成16) 機械式腕時計を一貫生産する「雫石高級時計工房」開設・・・15
2005(平成17) 無水銀酸化銀電池を開発
2006(平成18) 世界初 電子インク表示ウオッチ発売
2007(平成19) 第1回東京マラソンで公式計時担当 以降継続して計時担当
2012(平成24) 世界初GPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」発売・・・16
2014(平成26) 世界初の家庭向け衛星電波クロック「セイコー スペースリンク」発売

セイコーホールディングスグループの成り立ち

画像をクリックすると拡大表示します。

1892(明治25)精工舎設立 掛時計の製造開始

× close
1913(大正2)国産初 腕時計「ローレル」発売

× close
1930(昭和5)日本初のカメラ用シャッタの製造

× close
1953(昭和28)日本初のテレビコマーシャル放映

× close
1964(昭和39)東京オリンピック公式計時

× close
1969(昭和44)世界初のクオーツウオッチ「クオーツアストロン」発売

× close
1970(昭和45)大阪万博で世界初の無線式電波時計を設置

× close
1982(昭和57)世界初のテレビウオッチ発売

× close
1984(昭和59)音声時計「ピラミッドトーク」発売

× close
1985(昭和60)世界初の外食産業用オーダリングシステム開発

× close
1987(昭和62)IAAF世界陸上ローマの公式計時 以降継続して計時担当

× close
1999(平成11)世界初のスプリングドライブウオッチ発売

× close
1999(平成11)日本初の無線カード決済サービス「クレピコ」開始

× close
2004(平成16)機械式腕時計を一貫生産する「雫石高級時計工房」開設

× close
2012(平成24)世界初GPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」発売

× close
セイコーホールディングス グループの成り立ち

× close
1960(昭和35)世界最高水準精度の「グランドセイコー」発売

× close