ここから本文です

演奏会レポート

20回記念公演「Starry Night Concert vol.20」開催~スペシャルゲストに日野皓正さん~

5月15日(月)、「Starry Night Concert 前田憲男 Vol.20」を東京・築地の浜離宮朝日ホールにて開催しました。

Starry Night Concertは、2007年の第1回開催から数え、今回で通算20回目、10年目を迎えました。記念すべき20回目となる今回は、世界的なジャズトランぺッター・日野皓正さんをゲストにお迎えしました。

開幕を飾る セイコー社員で結成されたAlways四丁目合唱団も、今ではコンサートお馴染みの存在です。「サウンドオブミュージックメドレー」を披露し、超大作をきれいなハーモニーで仕上げました。

続いて前田憲男さんが登場。ドラムの齋藤たかしさん、ベースの木村将之さんと共に、「Waltz For Debby」など、このコンサートでしか聴けない演奏を繰り広げ、会場を魅了しました。

▲Always四丁目合唱団
▲前田憲男さん(ピアノ)、齋藤たかしさん(ドラム)、木村将之さん(ベース)

第2部は、いよいよ、スペシャルゲスト 日野皓正さんの登場です。登場から圧巻の演奏で、お客様は日野さんの虜に。トランペットの名演奏だけでなく、ジャズのリズムを軽やかに刻むタップダンスで、会場は一気に躍動感に包まれました。前田憲男さんとのセッションやホーンセクションも交えた日野さんのパワフルな演奏に、大きな拍手が沸き上がりました。

▲スペシャルゲストの日野皓正さん

その後、主催であるセイコーホールディングスのグループCEO服部より、「これからも前田先生と共に、皆様にワクワク・ドキドキしていただけるような音楽活動を継続してまいります。」と、ご挨拶させていただきました。

最後は、出演者全員による、セイコーのイメージソング「時代とハートを動かすセイコー」で、20回目の記念公演が幕を閉じました。

次回のStarry Night Concertは、2017年12月15日(金)に開催予定です。