ここから本文です

2012年に17歳の現役高校生歌手として
デビューし
パワフルかつ洗練された歌声で
注目を集めた家入レオさん。

2017年1月21日 放送

#22:家入レオ

番組レポート

2012年に17歳の現役高校生歌手としてデビューし
パワフルかつ洗練された歌声で注目を集めた家入レオさん。
今年で5周年を迎え、少し大人の女性になった彼女をご覧いただけます。

まず自分の声を届けたいと選んだ楽曲は、秦基博さんの「ひまわりの約束」。
ギタリスト・佐橋佳幸がアレンジし、2人で相談しながら楽曲を仕上げていく姿は、
音楽性豊かな一面をお楽しみいただけます。

そして見所のもう1つは、デビュー曲「サブリナ」と
最新曲「それぞれの明日へ」のリアレンジ。
サブリナは10代(作詞当時)の感性をストレートに吐き出した歌詞を
現在のポップシーンには欠かせない音楽家・冨田恵一と共に、大人の楽曲へと生まれ変わらせます。
最新曲を編曲したのは、数々のアーティストを手がける音楽プロデューサー・本間昭光。
現在の家入レオだからこそ描ける人生の応援歌を披露してくれます。

とにかく「音楽が好き」という気持ちで、5年間を駆け抜けてきた家入レオさん
そんな彼女の魅力をたっぷりと感じられる今回の「Sound Inn S」を是非お楽しみ下さい。

出演者メッセージ

「それぞれの明日へ」「サブリナ」「ひまわりの約束」をアレンジして頂いて。
音楽って面白いなと改めて思った収録でした。
今まで何十回何百回と歌ってきた曲がアレンジはもちろんですが、一緒に音を出すミュージシャンの皆さんで180度変わって。
その音を全身で浴びていると自分の歌い方も自然と変わっていて。
こんな表現の仕方もあったのか、と楽しく勉強させていただきました。
そしてなにより本間昭光さん、佐橋佳幸さん、冨田恵一さんがリラックスして、かっこいいサウンドを作っていく姿がかっこよくて。
普段レコーディングやライヴではなかなか実現ができない編成で歌えて幸せでした!
ありがとうございました。