ここから本文です

イメージソング
「時代とハートを動かすセイコー」

グループスローガングループスローガン

2014年5月、グループスローガンが制定されました。
このスローガンには、常に時代を牽引し、
お客様の心に響く存在でありたいという思いと、物質的な価値だけではなく、
「遊び心」「ワクワク感」「ドキドキ感」といった精神的な価値も発信していくという
グループの熱い意志が込められています。

イメージソング紹介 イメージソング紹介

グループスローガンを、社員の一体感の醸成や社外に向けたPR活動に積極的に活用していくにあたり、そのコミュニケーション活動の一環として、「時代とハートを動かすSEIKO」のイメージに合った楽曲を制作することになりました。
「“わ”で奏でる東日本応援コンサート」を中心に、セイコーが提供するテレビ番組「Sound Inn “S”」「TIME is LIFE」や提供ラジオ番組で流れるラジオCM「心に刻もう。感動を。」のBGMにも、このメロディーを使用しています。
今後もさまざまな手法でグループスローガンとイメージソングを発信し、この楽曲に触れることで、ワクワク、ドキドキする楽しい気持ちが喚起できたらと考えています。引き続きグループスローガンのもと、音楽をブランディング活動の基軸のひとつとし、ブランドイメージの向上を図ってまいります。

ブランド・ミュージックビデオ
"Art of time"スペシャルページへ

グループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」をテーマにしたブランド・ミュージックビデオ"Art of time"で、イメージソングをBGMに使用しています。

イメージソングができるまで イメージソングができるまで

歌詞公募から完成まで

10年20年先へ歌い継がれ、グループ社員の将来への希望と情熱を喚起させる、セイコーホールディングスグループのテーマソングを、社員一人ひとりが考えました。
グループの思いを体現した歌詞を社員から公募し、グループスローガン「時代とハートを動かすSEIKO」をイメージしたフレーズを出し合い、プロの作詞家が歌詞やフレーズをアレンジし、社員の思いとして一つの作品にまとめ上げました。
その歌詞に、代表取締役会長 兼 グループCEOの服部真二が自ら作曲したメロディーを乗せ、プロの作編曲家にアレンジいただき、楽曲を完成させました。

社員の感想

  • サビの部分など皆が歌える合唱ソングのイメージで覚えやすい。また、親しみのある曲調で、柔らかい心地良さが残る。
  • 朝日を連想する爽やかな曲調と感じる。軽快かつ穏やかな親しみやすさもあり、幅広い年代に好まれると感じる。
  • 将来に向かって能動的な新メッセージ「時代とハートを動かすSEIKO」が表現され、その実現のための「進む勇気」「歩み寄り添う絆」など、グループメンバーへの鼓舞も込められている。
  • 親しみのある皆で歌いやすいメロディー。

さまざまなアーティストが歌うイメージソングさまざまなアーティストが歌うイメージソング

商品のキャンペーンソングとして大ヒットした「う、ふ、ふ、ふ」が代表曲であるEPOさん、1970年代の日本を虜にしたコーラスグループ「サーカス」のみなさん、抜群の歌唱力で「日本レコード大賞最優秀新人賞」にも輝いた渡辺真知子さん、ミュージカルを軸に活躍されている新妻聖子さんが、思わず口ずさみたくなるようなイメージソングを歌い上げてくださいました。英語版は、以前セイコーのコマーシャルソングを歌って頂いたこともあるマリーンさんにお願いしました。今後どんなアーティストが歌ってくださるのか、乞うご期待です。

アーティスト一覧へ

アーティストをお選びください。

新妻聖子

アーティストプロフィール

新妻聖子

プロフィール

2002年、TBS「王様のブランチ」でデビュー。2003年、5,000倍のオーディションを突破し、ミュージカル『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役にて初舞台を踏んで以降、『ミス・サイゴン』キム役など、ミュージカル界屈指の歌姫として活躍中。
第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞、第7回岩谷時子賞奨励賞を受賞。
その豊かな表現力と、力強くかつ美しい歌声は唯一無二と評され、『MUSIC FAIR』『うたコン』などの音楽番組や、NHK大河ドラマ『真田丸』、数々のバラエティ番組でも存在感を発揮。
現在は、ANA機内オーディオ『Hot Hits Selection』ナビゲーターや、JDL IBEX のCMに出演、東京新聞にてコラム「風向計」連載。
さらに、6~7月にはNHK『みんなのうた』にて「天地の声」がOA、同曲を収録した両A面『アライブ』を7/12に発売予定。
7月には、情熱大陸ライブ2017、NHK交響楽団による「N響ほっとコンサート」などに出演、秋には昨年に続き、Bunkamuraオーチャードホールをはじめとした全国でのコンサートツアーを開催するなど、その活躍は多岐に亘る。

新妻聖子・オフィシャルサイトへ

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
新妻聖子Version

アレンジについて

聖子さんらしいミュージカル風でというリクエストをしたところ、この透明感のある爽やかで、思わず口ずさみたくなるような曲に仕上げてくださいました。

メッセージ

父の海外赴任に伴いバンコクのインターナショナルスクールに転入した小学生の頃、
名前の発音とスペルを覚えてもらうため「My name is Seiko... just like the famous watch maker」と自己紹介していました。
まさかそのセイコーさんのイメージソングを歌わせていただく日がこようとは!
素敵なご縁に感謝します。

レコーディング風景

目前のミュージカルの稽古で多忙な中、いつもと変わらない陽気な聖子さんの雰囲気に終始包まれたスタジオでの録音になりました。

マリーン

アーティストプロフィール

マリーン

プロフィール

フィリピン マニラ出身。’78年に来日し翌年デビュー。’81年のファースト・アルバムリリース以降、フュージョン大全盛時代におけるディーヴァとして熱烈に歓迎され「デジャ・ヴ―」や「マジック」などのヒット作を次々とリリース。’86年リリースの角川映画「キャバレー」の主題歌「レフト・アローン」は有線放送の洋楽チャートNO.1に輝き、その作曲者マル・ウォルドロンとのジョイント・コンサートも話題となる。活動の域は日本国内に留まらず、アジア各国でのコンサートやイヴェント出演にも及び、’90年代には米国でのアルバム・デビューやミュージカルなどにもチャレンジして新境地を開く。日本デビュー30周年の’09年、熱帯JAZZ楽団とのコラボレーション曲を含む自身初のラテン・ジャズアルバム「マリーン sings 熱帯 JAZZ」を、‘11年には、自身ヒット・ナンバーを含む’80年代の名曲をニュー・ヴァージョンで甦らせたアルバム「イニシャル」を、’13年には、ディスコ・クイーン、ドナ・サマーのヒット・ナンバーをマリーン独自のテイストで再創造したアルバム「マリーン・シングス・ドナ・サマー」をリリース。’16年4月、ギタリストの吉田次郎とピアニストのクリヤ・マコトとの3人のユニット、 マリーン・スーパー・トリオ【THREESOME】で、1st. アルバム『Cubic Magic』をリリースし、好評を博している。更に現在、来春公開予定の映画『カーラヌカン』(主演;GACKT)の日本語の主題歌『愛になれ』(作曲:加藤登紀子)のレコーディング、出演シーンの撮影などますます精力的な活動を続けている。

マリーン・オフィシャルサイトへ

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
マリーンVersion

アレンジについて

クリヤ・マコトさんがアレンジしたジャズならではの絶妙なリズムにマリーンさんのパワフルな歌声が重なり、オリジナルとは違うエッセンスが加わったイメージソングとなっています。

メッセージ

アイドル時代、私の『スリム センセーション』をセイコーウォッチのCMソングに起用頂いて以来、時が流れて、運命のようなご縁のような、今回はイメージソングの英語ヴァージョンを歌わせて頂くことになりました!とっても素敵な曲です!クリヤ・マコトさんがアレンジをしてくれて、ダンスホールを感じさせてくれる曲になりました!感じたまま気持ち良く歌わせて頂いています!明日に向かって、『LET'S SING and SWING!!』

レコーディング風景

ジャズが引き出すモダンな雰囲気の中で、ジャズ・ピアニストのクリヤ・マコトさん監修のもとレコーディングは行われました。
マリーンさんの情熱あふれる歌声が響き渡る中、素晴らしい楽曲が完成しました。

サーカス

アーティストプロフィール

サーカス

プロフィール

  • 叶正子(デビュー以来の歌姫)
  • 叶高(リーダー、叶正子の弟)
  • 叶ありさ(新メンバー、叶高の娘)
  • 吉村勇一(新メンバー、オーディションで抜擢)

1978年『ミスター・サマータイム』、1979年『アメリカンフィーリング』が大ヒットし、日本の音楽界に颯爽とデビューする。それまでになかった男女二人ずつのユニークなヴォーカル・グループとして誕生。その後メンバーチェンジを経て、現在の5代目サーカスとなる。洗練された完成度の高いハーモニーは各方面より高い評価をもって迎えられ、コンサートを中心に幅広く活動中。
これまでも全国各地でのコンサートを中心に活動し、服部克久、前田憲男のもと数多くのオーケストラとも共演し、万博や様々なイベントでハートフルなハーモニーを聴かせてきた。2011年5月にはニューヨークの「JAPAN DAY」から招聘され、セントラルパーク内の野外ステージでライブを行うなど国内外で多くの聴衆を魅了する。
2013年3月に若い2人のメンバーが新加入。デビュー35周年の記念アルバム「We Love Harmony!」そして、80年代のJPOPの名曲をサーカス流にカバーしたCD「The Reborn Songs~80’sハーモニー~」をリリース。2015年にサーカスの新企画CD< POP STEP シリーズ>の第1弾「POP STEP JAZZ」を、2016年5月に第2弾「POP STEP BOSSA」をリリースし、東京・名古屋・大阪のライブツアーを行う。

サーカス・オフィシャルサイトへ

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
サーカスVersion

アレンジについて

男女混声の美しいコーラスハーモニーが際立つ、やさしく柔らかなアレンジを加えました。前田憲男さんのアレンジセンスとサーカスのコーラスワークがあってこそ実現するこのコラボレーションでは、どこか懐かしい爽やかな一曲となっています。

メッセージ

私がまだ小学生の頃、音楽の授業で生徒が考えた言葉をメロディーに載せて、世界でひとつだけの曲を作り上げたことがありました。幼いながらとても感動し、今もメロディーを聴くと思わず口ずさんでしまいます。社員から募った歌詞を掛け合わせ生み出された『イメージソング』はとても素敵ですね。(叶ありささん)

レコーディング風景

レコーディングには、ピアニストとしてご活躍される前田憲男さん監修のもと、サックス奏者で歌手、平原綾香さんのお父様でもある平原まことさんをお招きするなど、一流のミュージシャンが集いました。

渡辺真知子

アーティストプロフィール

渡辺真知子

プロフィール

1977年シンガーソングライターとして「迷い道」でデビュー。以降「かもめが翔んだ日」「ブルー」「唇よ、熱く君を語れ」など日本のポップスシーンに残る数々のヒット曲を送り出す。日本レコード大賞最優秀新人賞、他音楽賞12賞受賞。
デビューの頃よりコンサート活動を精力的に続けており、その内容はオリジナルを中心にジャズ・ラテン・ロック・クラシック…などボーダレスに展開。国内はもとより、海外でもそのパフォーマンスに賞賛が寄せられる。
歌い続けてきた大人ならではの表現力で ” 今 ”を歌うオンリーワンのアーティストである。

渡辺真知子・オフィシャルサイトへ

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
渡辺真知子Version

アレンジについて

楽しさとカッコよさを表現する渡辺真知子さんの力強い歌声にマッチした、軽快で陽気なリズム感を取り入れました。間奏で聴こえてくる口笛も楽曲を更に盛り上げ、アレンジが細部まで練りこまれた一曲となっています。

メッセージ

レコーディング当日は雨が降り、どんよりとした空でしたが、服部会長の明るく軽快なメロディーを前田先生がゴキゲンで楽しげにアレンジしてくださったので、スタジオ内ではミュージシャンやスタッフ皆の笑いが絶えず、心は快晴ウキウキで、歌い終えた後は気持ちが良かったです。

レコーディング風景

豪華メンバーによるバックミュージックと、渡辺真知子さんの力強い歌声が掛け合わさり、思わず口ずさみたくなるような明るく軽快な楽曲に仕上がりました。

EPO

アーティストプロフィール

EPO

プロフィール

商品のキャンペーンソングとして大ヒットした「う、ふ、ふ、ふ」を代表曲にもつ傍ら、日本国内外にて様々な「場」でのコンサートを積極的に展開し「声」という楽器を通じて現代音楽をはじめ、様々なジャンルのミュージシャンとの音楽交流も注目されている。場や客層に合わせたユニークなコンサートメニューが話題となり、胎教ライブ・子供同伴で父母が聴けるライブ等POPSのジャンルを超えたライブのあり方にも積極的に取り組む。2004年からは、カウンセリング・スタジオ『MUSIC&DRAMA』を開業し、セラピストとしても声や心のカウンセリングを行い、彼女の表現スタイルはさらに注目を集めている。

EPO・オフィシャルサイトへ

ミュージックプレイヤー

「時代とハートを動かすセイコー」
EPOVersion

アレンジについて

EPOさんの伸びやかで爽やかな歌声に合わせ、起伏のある緻密なアレンジで再構成しました。服部克久さんのアレンジは、彼女の繊細かつエモーショナルな心地良い歌声を更に際立たせています。

メッセージ

セイコーの「イメージソング」は、詞は社員の方々が考え、曲はセイコーグループCEO服部真二さんが作られたそうですね。監修して頂きました服部克久さんのアレンジに添い合うようなVoiceをイメージし、すごくいい一曲に仕上がりました。このような曲が毎朝オフィスから流れてきたら、社員の方々の毎日は希望と夢でいっぱいになるのではないかと思うほど、素晴らしい曲です。