ここから本文です

セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎

セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎

国内外の一流選手が競う年に一度のイベント。
8月の世界陸上の代表選考を兼ねています。

注目選手

外国人招待選手
ジャスティン・ガトリン(男子100m アメリカ)
蘇 炳添(男子100m 中国)
トーマス・レーラー(男子やり投 ドイツ)
張 国偉(男子走高跳び 中国)
ディアナ・バルトレッタ(女子走幅跳 アメリカ) 他
国内選手
山縣 亮太(男子100m)
ケンブリッジ飛鳥(男子100m)
飯塚 翔太(男子200m)
高瀬 慧(男子200m)
藤光 謙司(男子200m)
新井 涼平(男子やり投)
村上 幸史(男子やり投) 他

セイコーブース

今年の大会でも、スタジアム前にブースを設置して
楽しいアトラクションを行います。
是非遊びに来てください。

9.99秒チャレンジ

日本人初の9秒台は出るか。
セイコーのタイマーを使って、正確に9.99秒を当てるゲームです。

写真撮影コーナー

レースで使われるスポーツタイマーと一緒に、日本新記録を出した気分で写真を撮りましょう。

日時
5月21日 (日) 10:30~16:30
場所
スタジアム正面入口左のセイコーブースにて

プレイベント

参加申込みは締め切りました。

第一部
親子で歩こう・走ろう陸上教室 10:00~12:00
対象は、幼稚園年長から小学3年生までのお子さんとその保護者の方
等々力競技場から補助競技場をゲストアスリートと走ります。
講師は、20km競歩世界記録保持者鈴木雄介選手です。
短距離の山縣亮太選手もスペシャルゲストとして登場します。
第二部
スペシャル陸上教室 13:00 ~15:00
対象は、小学4年生~6年生
トップアスリートのパフォーマンスを間近で見て、実際に種目を体験します。
講師は、北京オリンピック銅メダリスト(4 X 100mリレー)の塚原直樹さん、リオパラリンピック走幅跳び代表の高桑早生選手、アジア室内陸上走り幅跳び金メダリストの猿山力也選手の三人です。

<昨年の様子>

昨年は、かけっこ教室を競技場のメインストレートで行いました。キッズデカスロンは雨のため室内で5種目だけ行いました。 車いすマラソントップの花岡伸和選手と土田和歌子選手が参加して、子供たちと楽しみました。

第二部はオトナのタイムトライアル。 本大会の3000mに出場した鎧坂哲哉選手がペースメーカーを務めてくれました。

日時
5月3日(水・祝)
場所
等々力競技場

大会概要

大会名
IAAFワールドチャレンジ第2戦
セイコーゴールデングランプリ陸上2017川崎
兼 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)代表選手選考競技会
日時
2017年5月21日(日)11:45~17:00(時間予定)
会場
神奈川県・川崎市等々力陸上競技場
〒211-0052 神奈川県川崎市中原区等々力1−1 
アクセス
競技種目
◆IAAFワールド・チャレンジ
【男子】10種目
100m、200m、800m、3000mSC、110mH、400mH、走高跳、棒高跳、三段跳、やり投
【女子】7種目
100m、200m、1500m、100mH、走幅跳、砲丸投、やり投
◆IAAFハンマー・スロー・チャレンジ
【女子】1種目 ハンマー投
◆オープン
【男子】3000m、走幅跳
【パラリンピック種目レース】 男子100m T44、女子走幅跳 T44
※種目は予告なく変更になる場合があります。